新人研修の内容なんてどこの会社も一緒だし意味ない

Pocket

ゴールデンウィークが過ぎて、4月に入社した新社会人も新人研修を終えて現場に配属されていることだと思います。

私自身大学卒業後、社員として新人研修を3回受けています。

ただ社員としては今までに、4回会社に入社しています。

残り1社は中途採用でかついきなり現場配属というところでしたのでまともな新人研修というものを受けていないので、3社経験ということになります。

なかなか3社も社員として新人研修を受けた人間はいないと思いますが、複数回新人研修を受けてきた身として感じたことを書いていきたいと思います。

スポンサードリンク


スポンサーリンク




企業の新人研修はどこも同じ。たまに体育会系の悪ノリ研修があるくらい。

企業の新人研修は大企業だろうが、中小企業だろうがどこも同じです。

内容としてはセクハラ研修(具体的にどういった言動がセクハラにあたるかといったもの)やPDCAについて勉強するくらいでしょう。

あとはグループで特定の問題についてグループディスカッションしたり、体育会系のノリで無駄に大声を張り上げたりするくらいです。現場配属されて仕事始めたらそんなもの1ミリも役に立たないんですけどね。しんどいだけで。

余談ですけど、うちの会社は体育会系ですとかいう会社って100%ブラックですよね。理不尽なことがたくさんあることや、上の命令に絶対服従しないといけないということを無理やり体育会系という言葉に押し詰めています。だから体育会系という言葉に良いイメージが全くありませんし、実際にないです。体育会系という言葉に良いイメージを持っておられる方がいたらぜひともご意見いただきたいです。

あまり知名度のない中小企業などに入った新社会人は「大企業ならもっと内容が充実した研修が受けられるだろうな」と思う人もいらっしゃるでしょうが、新人研修に大企業も中小零細も差がないです。

なぜそうなるかと言えば、新人研修を専門に扱う企業の存在と小中学校の教科書検定のように新人にはこういったことを最低限教えないといけないといった暗黙の了解があるからでしょう。

実際の仕事のやり方は現場に配属されてから教えればいいわけですし。

新人研修は適当にこなすに限る。

だからこれを読んでいる新社会人の方がいらっしゃったら、新人研修はバカまじめに取り組むものではないということだけ知っていただけたらと私は考えています。

実際入社したときの新人研修で習ったことなんて全く役に立ちませんし、いくら真剣に新人研修に取り組んだって何の評価にもつながりません。社会人の評価は仕事でどれくらい成果を残しているか、それと年功序列これだけです。

会社組織というものは基本的に上が決めたことを平社員がこなしていかないといけないわけで、その時点でグループディスカッションとか全く役に立たないことがわかるはずです。

やたら山奥に合宿に行ったりして体育会系のノリで大声張り上げたりする光景をテレビでしていたりしますが、サラリーマンで現場で大声を張り上げないといけないことなんてありますか?

消防とか警察とかならわかりますが、一般的なオフィスワーカーが社内で大声を張り上げる機会があるとすれば上司が部下を怒鳴り散らすシーンしか思い浮かびません。

だから、新人研修は実際に現場に配属されても会社変わっても役に立ちませんので、新社会人の皆様は適当にこなしてください。そんなところで真面目にやっていると評価を受けたって先ほども書いたように社会人は仕事で目に見える結果を残してナンボですから。

スポンサードリンク


スポンサーリンク