社会保険労務士の勉強を始めてみた

Pocket

スポンサーリンク




FPだけじゃ物足りないので社会保険労務士の勉強を始めた

先月の3月から社会保険労務士の資格を取るべく勉強をしている。

なぜ社会保険労務士の資格を目指そうと思った理由は、資格を取ることによって独占業務ができるようになりたいと考えたことである。

昨年は簿記3級ファイナンシャルプランニング技能士2級を取った。これによってお金の知識と簿記の知識を身に着けることができた。しかしどちらもこの資格を取ったからと言って何か独占して業務ができるようになったわけではない。

そもそもファイナンシャルプランナーという肩書自体は別にファイナンシャルプランナーの資格を持っていなくても名乗ることが出来る。正式名称であるファイナンシャルプランニング技能士という肩書きは名乗れないが、単にファイナンシャルプランナーというのはOKなのである。

そうでなくても現在ファイナンシャルプランナーに関連する資格は、国家資格であるFP技能士1級から3級とさらに民間資格としてAFPCFPがある。AFP、CFPは資格を取ってからも勉強し続け資格を更新しなければ無効になる資格なので、いつも最新のお金に関する知識を備えている人という位置づけなのだが、それを知っている人は少ない。

一般の方からすればどれも大して差がないように見えるのは当然である。ましてやファイナンシャルプランナーという肩書自体は誰でも名乗れるとなれば余計わかりづらい。

それにファイナンシャルプランナーでないとできない仕事というものが今のところなく、むしろ他の資格に配慮して仕事をしなければならない。例えば税金の知識があるからといって個別具体的に顧客の税金を計算したりすると税理士法に触れるし、保険などの金融商品を売ることだって別の資格がいるのでできない。お金に関する具体的な法律相談を受ければ弁護士法違反である。

そこでお金の専門家として、さらに社会保険労務士資格を目指すことにしたのである。社会保険労務士は社会保険、例えば年金や失業保険に関する行政への手続きを代行できるし、堂々と社会保険や労働に関する相談に乗ることだってできる。ファイナンシャルプランナーの資格と合わせれば生活に関わるお金の専門家としてやっていけるのである。

そういうわけで今年度一発合格を目指して勉強中である。仕事以外で毎日3,4時間をなんとかひねり出して毎日テキストと問題集を交互に見比べながら勉強している。

社会保険労務士試験に合格するには平均して1000時間は勉強しなければならないそうであるが、私は短期集中で約4か月の勉強で一発合格を目指している。もし本当に4か月の短期集中で社会保険労務士に合格した後のことを考えて、このブログにおいて勉強の進捗状況や勉強を通じて身に着いた知識などを逐次書いていきたいと考えている。

私が使っているテキスト

私が使っている問題集