スポンサーリンク

今年の旅行は青春18きっぷを使ってみては?

Pocket

暖かくなって鉄道旅行にもってこいの季節になってきました。

北陸新幹線・北海道新幹線の開業で日本全国、飛行機や新幹線ですぐに移動できる時代になりました。しかし、ここいらで青春18きっぷを使って普通列車にのってゆっくり旅行するのはどうでしょうか?

目的地に速くつくのもいいですが、チンタラゆっくり行くのも楽しいものですよ?

スポンサーリンク

青春18きっぷはほとんどタダで列車に乗れるようなものだ

青春18きっぷ(以下18きっぷ)とは何かご存じない方のためにざっくり解説します。

18きっぷとは学生が春休み、夏休み、冬休みを迎えるときに期間限定で発売される普通列車乗り放題のきっぷです。価格は税込みで11850円。5日分使えますので18きっぷを使えば一日当たり2370円で全国のJR線が乗り放題になります。

新幹線や特急には全く使えないですし(特急券だけでなく改めて乗車券も買う必要がある)、万が一列車が止まった時の救済措置も必ずあるわけではない等さまざまな制約があります。

そして、覚えておきたいのが18きっぷを利用する際は自動改札が使えません。入場時にきっぷに利用する日の日付印を押してもらい、以降は駅員さんに見せて改札を通ります。

それでも一日2370円でJR線が乗り放題というのはかなり魅力的です。

例えば私はかつて18きっぷで普通列車だけで大阪から東京まで約8時間かけて行ったことがあります。普通に乗車券を買うとこの距離で8750円かかります。

それが2370円で行けるのですから、かなりお得なきっぷであることがご理解いただけると思います。

18きっぷは廃止されるか、もしくはまるで使い物にならないきっぷになってしまうのか

18きっぷを使えば、JR側からしてみればかなり安く乗客を目的地に運ぶことになります。

18きっぷはもともと学生が長期休暇に入った時に列車の利用客数が減ることの穴埋めとして誕生した側面があります。たとえタダ乗りのように安くても客に乗ってもらったほうがいいというわけですね。

しかし今では全国に新幹線がどんどん整備され、そちらを利用してもらうほうがはるかに儲かるのです。

現在でも例えば岡山から姫路間はあからさまに新幹線を利用させようとしているのか、在来線の接続はかなり悪いものになっています。滋賀の米原から岐阜の大垣も似たような感じです。

また18きっぷのシーズンになると地方の普段は混まない普通列車がやたら混みます(先ほどあげた岡山姫路間とか米原大垣間とか)。

しかしJRはそのために列車を増発することはまずありません。ただで乗っているような客にそこまで配慮する理由がないということですね。

北陸新幹線や北海道新幹線の開業によって、今までJRだったところが第三セクターになりJRではなくなったり廃線になるところが出ました。

新幹線と並行する在来線は法律によって、次々と第三セクターに変わっていっています。どんどん18きっぷが使えるエリアが減っていってしまっているのです。

もしかすると近い将来18きっぷは廃止になるか、もしくは使えるエリアが大幅に減ってしまって事実上使い物にならないきっぷとなってしまうかもしれません。

18きっぷの詳しい情報は以下のページに書かれているので、一度見てから買ってみてはどうでしょうか?

青春18きっぷ