スポンサーリンク

第140回日商簿記2級の受験結果報告

Pocket

本日、第140回日商簿記2級の合格発表がありました。

今回が3度目の挑戦になったことは何回かこのブログで書いている通りです。

そして肝心の結果ですが・・・。

日商簿記2級合格しました!!

s_IMG_20150623_081402

やったぜ!!

点数は74点。かなりギリギリの合格となりました。しかし100点だろうが74点だろうが合格は合格です。

大阪商工会議所は合計点だけでなく大問ごとの点数もメールで知らせてくれるのですが、点数を見ると工業簿記がほぼ満点でした。

具体的には大問4で2点マイナスの18点、大問5に関してはなんと20点満点でした。

工業簿記をほぼ落とさず得点源に出来たのが、かなり大きかったです。

ちなみに一番点数を落としたのが大問2の伝票などの穴埋め問題でした。

私はこれに関しては受験直前まで苦手にしていました。

実務でこんな穴だらけの伝票なんて作ってたら即クビだろうと思いながら問題を解いていました。

しかし、本番で大問2を最後にまわしていて手を付けた時点で残り10分を切っていました。

焦る気持ちをなんとか抑えて冷静さを保ちつつ問題を解きました。しかし、無意識のうちに時間のなさでパニックになっていたのか全然解けませんでした。

5266441884_7edfcd1486_n
photo credit: 試験会場へ向かって歩く via photopin (license)

結果大問2に関しては20点満点中8点でしたが、この8点がなければ確実に不合格でした。最後まで粘って解答した自分をほめたいです。

朝8時にメールで合格の知らせが来たときは思わずよっしゃー!とガッツポーズしました。

今まで同じ資格試験で3回も挑戦したものはなかったので、今回の受験は本当にしんどかったです。

しかし、一度勉強に手を付けたのだから合格まで何回でも挑戦しようと自分を奮い立たせてなんとか勉強を続けて来れました。

実はこの140回の受験勉強には、今まで手を付けていなかった過去問をやりました。

なぜ、過去問をしていなかったかというと簿記は暗記ではなくスキルであり、過去問を覚えるくらいやっても意味がないと考えていたからです。

しかし、その結果2回連続で不合格となりました。

その反省を込めて140回の受験に向けて過去問に手を付けました。

特に138回、139回の難易度の高かった回は集中的にやり込みました。

その成果が出たのだと確信しています。

やっぱり資格の勉強は何であっても過去問をやらないといけないということを痛感しました。

そしてなによりあきらめずにだらだらとでも、結果が出るまでやり続けることが大切であることも学ぶことが出来ました。

8月にはもう社会保険労務士試験が控えています。日商簿記2級よりはるかに難易度は高いです。

もしかしたら不合格になるかもしれません。

しかし、今日のことを決して忘れずに途中であきらめることなく合格に向けて試験日まで走っていきたいと思います。

スポンサードリンク


スポンサーリンク