スポンサーリンク

人間関係が嫌になって会社を辞めた人は次どんな仕事をすればいいのか

Pocket

就職先で人間関係にくじけて辞めてしまった人は、次にどんな仕事をすればいいのかというのは結構大きな問題である。

私の古くからの友人は大学を出て大手外食チェーンに就職したが、ブラックな労働環境であったこと、上司や同僚に全くと言っていいほど恵まれなかったことにより退職している。

特に上司にはかなりひどい目に遭ったらしい。この場で書くのは控えるが、私もその上司の話を聞いてそりゃ辞めるのは当然だよなと思ったくらいだ。

学生時代は人の悪口をあまり言わない、性格の良い友人だったのだが仕事で他人とあまり関わりたくないというレベルまで人間不信になってしまった。

私も就職・転職した先がことごとくブラックだったし、まるで話の合わない・非常識な上司や同僚にはかなり苦しめられたので彼の気持ちはよくわかる。

彼はその後、親のつてを頼って工場勤務をしている。本人曰くかなり働きやすいそうで長続きしている。

スポンサーリンク

工場で働くことのメリット

工場なら最低限やることやっていればいいし、濃い人間関係を作る必要もない。

実際彼は職場ではほとんど会話らしい会話をしないそうで、それでも普通に仕事ができるとのこと。

さらに髪形やひげも自由なので、毎日気楽に働けているようである。実際、彼はひげをたまにしかそらない。

労働環境的も非常に良いようで、残業や休日出勤はたまにあるが基本一日8時間で終わるとのこと。私は今まで一日の労働時間が8時間で終わるようなホワイトな環境で働いたことが一度もないのでつくづくうらやましく思う。

大学を出て最終的に工場勤務は抵抗がある?

今や多くの人が大学を出てから就職する時代に、大学を出ているにもかかわらず工場勤務というのはなかなか抵抗があると思う。

せっかく大学を出たのだからその学歴や学んできたことを、仕事で生かしたいというのは当然である。

ただ、大学を出てから就職する人がこれだけ増えてしまっている以上「大卒」という肩書はそれほど価値のあるものではなくなってきている。

大体、学歴が就職において有利に働くのは新卒の時だけくらいである。2社、3社と転職すれば学歴などほとんど意味をなさなくなることは転職経験者なら誰もが知るところだ。

大学を出ても非正規雇用でワーキングプアになったり、ブラック企業で心身を壊して退職を余儀なくされて無職になる人は多い。

私の周りで同級生の動向を聞くと、就職に失敗して引きこもったり病院通いをしている人が多くて驚く。それだけ健康的にかつ生活に必要なお金を稼ぐために働くというのは厳しい時代なのだ。

それを考えると、基本的に一日8時間できっちり終わり面倒な人間関係を築く必要がそれほどない工場勤務というのは実は穴場なのではないだろうか?

私も今はフリーランスとして毎日仕事しているが、今の仕事がホントにうまくいかなくなったら工場で働こうと考えている。

私もブラックな労働環境とクソみたいな職場の人間関係に苦しんできたので、次にやとわれて働くなら工場だと思っている。間違えてもオフィスワーク的な仕事に戻るつもりはない。

最近では工場で働きたい人のための支援サービスが誕生しているので、工場で働くということはそれほど難しくなくなってきている。

工場での仕事と住まいを両方確保できるJOBPAPERがあるし、住まいのあっせんまで入らないという人には工場ワークスもある。

どちらも簡単な会員登録をすればすぐに工場の仕事を探せる。利用はもちろん無料である。

ブラックな労働環境であったり、職場の人間関係にさんざん苦しめられて退職した人、また退職しようと考えている人は「工場で働く」という選択肢を加えてみてはどうだろうか?

実際に工場で働いてみて、やっぱりオフィスでパソコンカチカチしての仕事が良いと思ったらまた仕事を変えればいいし、気に入ったら続ければいいだけの話である。

どんな仕事も実際にやってみないとわからないことはたくさんある。もうブラックな労働環境やめんどくさい人間関係にこりごりだという人は今すぐ行動を起こすことをおススメする。

えらべる、見つかる、工場系求人。「お仕事」×「お家」=JOBPAPER

【工場WORKS】短期から長期まで全国に求人多数!