本屋さんがガチでヤバくなっているっぽいけど全く同情できない

スポンサーリンク
Pocket

最近、近所の中規模の書店ではアイスや駄菓子、ペットボトルの飲み物が売られている。本の販売だけではおそらく食っていけないから手っ取り早く利益になりそうな小売りに手を出しているのだろう。

また書店内の古本スペースがやたら大きくなっていて売り場の3分の1くらいを占めている。聞くところによると単行本1冊売ることを考えたら、古本を二束三文で安く買い取って売ったほうが利益が多いそうだ。

つくづく本屋さんはガチで経営がヤバくなってるんだなと痛感する。

しかし、だからと言ってそこの本屋さんに同情はできない。そりゃそうなるだろという感情しかわかない。

スポンサーリンク

本の取り寄せが1週間かかるとか、電子書籍だったらそもそも在庫切れがないんですが?

私が思うに別に本を読む人が減ったから、街の本屋さんがピンチになっているとは全く思わない。

活字の本はともかくとして、マンガを読む人も減っているなんて話は聞いたことがないからだ。

ではなぜ、街の本屋さんが経営危機に陥っているのか。

簡単な話、ネットショッピングや電子書籍の普及で急激に使い勝手が悪くなってしまったからだ。

Amazonで探せばたいていの本は見つかるし配送も早い。街の本屋さんの場合、なくて取り寄せになればこのご時世でも1週間かかる。

また電子書籍はそもそも在庫切れを起こさない。データだからだ。そして電子書籍は何より安いのが良い。紙の本と違ってデータなので再販制度の対象にならないからだ。

知らない人のために簡単に説明すると、再販制度とは本や新聞は日本全国どこでも同じ値段で売らないといけないという制度である。

都心部だろうが、山奥や離島であろうが本や新聞は同じ値段なのはこの制度のおかげである

本を読む人口が減ったりして需要が亡くなったというよりは、街の本屋さんよりも便利な存在ができてしまったがために利用されなくなったというのが正しい。

自分も含め、人はより便利なものを使いたがるからそりゃ街の本屋さんよりAmazon、紙の本よりもスマホやタブレットに何冊でも入れられる電子書籍のほうがいいとなるのは当然の流れだ。

街の本屋さんはより一冊一冊の本の宣伝に努めるべきでは?

欲しい本が明確になっていればAmazonや電子書籍には街の本屋さんは100%勝てない。前者のほうがどう考えても便利だからだ。

では街の本屋さんはどうすればいいのか、一つ改善策を提案してみたい。

それは「一冊一冊の本を売るためのプロモーションをもっとやる」ということである。

そもそもただ商品を並べておいて買ってもらうのを待つこと自体がおかしい。今の若い人は金がないのだから一冊1000円以上もする単行本の表紙買いなど期待できない。

ネットの世界は探したいものが明確であれば便利だが、そもそも何を探したいのか漠然としている時にはかなり不便である。

だから人は本屋さんに行くのである。とりあえず何か面白い本があればなと思ってくるのだからその機会を逃さずにきっちり本の宣伝をしないといけないのである。

しかし、実際に本屋さんに行ってみるとポップを立てたりして本の中身を紹介しているものはごく少数である。ほとんどが単に平積みしているだけという現状。

正直、売る気あるのかと思う。本を買おうと思ったら本屋さんに行くしか方法がない時代はとっくに終わっている。ネット通販も電子書籍もある。ましてやそもそも本を買わなくてもネットで無料で情報を得ることすらできる。

街の本屋さんが消えてしまうとか、本気で危機感を持っているならいつまでも殿様商売でやってないで本気出して一冊一冊の本を売ることに注力しろと思う。

それをアイスやお菓子などの小売りや古本販売で賄おうとしているから全く同情できない。誰が本屋さんにアイスやお菓子を求めてやってくるのか。頑張るところはそこじゃない感がスゴイ。