高速バスより楽に移動したい人は一度ぷらっとこだまを利用してみては?

Pocket

先日、1泊2日で東京に行ってきました。

近鉄で名古屋に出て新幹線で東京というルートで、往復ぷらっとこだまを使いました。

ぷらっとこだま|JR東海ツアーズ

「ぷらっとこだま」は東海道新幹線のこだまを利用する、JR東海ツアーズが販売している旅行プランの一つです。

こだまは東海道新幹線の各駅停車でのぞみに比べれば時間はかなりかかるのですが、その分それほど混んでおらず快適に移動することができます。

東海道新幹線は安く乗れる方法がかなり少ないのですが(利用者が多いため)、このぷらっとこだまを利用するとグリーン車を利用しても名古屋~東京間が9300円(通常期)という破格値になるのです。

ちなみに新大阪~東京でグリーン車利用の場合12000円(通常期)です。普通に購入する場合と比べると9400円も安いです。

しかも売店で好きな飲み物と交換できるクーポンもついてきます。

乗り遅れた場合の救済措置がなかったり、指定された改札から乗り降りしないといけないといった制約はあるのですがそれを差し引いてもかなり安いのではないでしょうか?

スポンサーリンク




グリーン車で予約するなら東京方面はD席、東京から帰る時はA席を選ぶべき理由

ぷらっとこだまを利用する際は、普通車指定席よりもグリーン車で予約するのがおススメです。

なんせ各駅停車で乗っている時間が長いので、普通車指定席だと結構疲れます。普通車指定席にたった1000円程度プラスするだけで、グリーン車が乗れるのでそこはケチらないほうがいいでしょう。

さて、ぷらっとこだまのグリーン車を利用するうえで気を付けるべきことが一つあります。

それは予約する座席です。

こだま号は各駅停車なので、停車する駅のほとんどでのぞみやひかりの通過待ちをします。

新幹線の通過待ちを経験したことがある人ならわかるでしょうが、のぞみやひかりが通過するとき結構振動が来るんですよね。なんというか、ぐわん!!と揺れます(笑)。

それを軽減するためにはのぞみやひかりが通過する側からできるだけ遠いところの席を予約するのがいいわけです。

じゃあ通過する線路から遠い座席はどこになるかというと、グリーン車においては東京方面の場合はD席、新大阪方面の場合はA席になります。普通車指定席なら東京方面はE席、新大阪方面はA席です。東京方面は富士山側、新大阪方面は太平洋側の席と覚えるといいでしょう。

のぞみやひかりの通過時の揺れはゼロにはなりませんが、通過する線路のそばの座席に比べればかなり軽減されます。

私はかなり早めに予約したので(乗車日のほぼ1か月前)、JR東海ツアーズの人が気を利かせて東京行きはD席、名古屋行きはA席にしてくれていました。実にありがたい!

あと補足ですが、こだま号のグリーン車と言ってものぞみやひかりのグリーン車と設備は同じです(車内販売がなかったり、添乗員がおしぼりを配ってくれないという細かい違いはある)。

ぷらっとこだまがおススメな人はこんな人!

・東京までの安い移動手段といえば深夜高速バス一択だと思っているけど、ぶっちゃけしんどいなと思っている人。

・多少時間がかかってもいいから東海道新幹線を安く利用したいと思っている人。

・いっぺんグリーン車に乗ってみたい人。

私も大学時代は深夜の高速バスをよく利用していたものですが、3列シートで車内環境がどれだけ快適になってもやっぱりしんどいんですよね。うまく表現できないんですが、深夜高速バスを利用したことがある人はわかってもらえるはず。

ぷらっとこだまだったら各駅停車とはいえ、深夜高速バスよりも短時間で東京に行けますし値段も深夜高速バスとほとんど変わりません。

深夜高速バスでの移動に疲れている人は一度ぷらっとこだまをチェックしてみてはどうでしょうか?

ぷらっとこだま|JR東海ツアーズのサイトに行く