将棋って案外マイナーなゲームなんだなと気づかされた話

スポンサーリンク
Pocket

ここ最近、藤井聡太4段が14歳にして大人相手に29連勝したことで将棋に注目が集まっている。

そしてこのブームに乗って「第二の藤井聡太」を目指して、将棋教室は大盛況だそうだ。

ただ、ニュースを見ていると将棋の打ち方の特徴だったりスタイルに注目しているわけではないように見える。

昼ごはんに何を食べたとか、これだけ将棋強いけど財布はマジックテープの物でそこは中学生らしくて安心したとか将棋と全然関係ない話題ばかりである。

私は将棋がそれなりに打てるので(打てるのであって強いわけではない)、どういうスタイルの将棋をするのかという目で見ていたがどこのテレビもその点は一切注目しない。

なぜこうなるかと考えたときに、案外将棋というゲームがマイナーだからではないかと思った。少なくともパズドラとかマリカーとかで強い人のニュースとなればゲームそのものがちゃんとニュースになるはずだからだ。

スポンサーリンク

将棋を打てる人が思ってたよりめちゃ少ない

最近、周囲の人に上記のことを話したところ実は自分の周りで将棋を打てる人が全然いないことに気づいた。

将棋の駒がどう動くかどころか、そもそもどうなれば将棋の勝ち負けが決まるのか、それすら知らない人もいた。

自分は普通に小学生のころくらいに将棋を知って、その世界の面白さにハマってコマの動かし方から定石と言われる打ち方まで独学で勉強したし、毎週日曜日の朝にやっていた教育テレビの将棋の番組も欠かさず見ていた。

なので、将棋というのは日本人にとって当然メジャーなゲームでたいていの人はコマの動かし方くらい知っているものだと思っていた。

それだけに自分が思っていたほど将棋ってメジャーなゲームじゃないんだなとなかなか衝撃的だった。

将棋の打ち方を知らない人ばかりだから昼食とか財布とかどうでもいい話題ばかりに食いつく

それにしても将棋を知らないにしても、マスコミもどれだけ将棋と関係ないところに食いついてんだよと思う。

将棋のプロとはいえ、一中学生が昼飯に何を食べようが財布がマジックテープだろうがどうでもいい話である。

ちょっとは攻め方の特徴とか、どの駒をメインに動かしているのかとかそういったところに注目しろよと思う。

まあ本人あるいは将棋の関係者から見れば、こういった将棋とは一見何の関係もないところでもとりあえず注目を集めることができたら満足だったりするのだろうか?それとも単に「うっとうしいな」と思っているのか。

とりあえず私としてはこのブームに乗って、自分の周りに将棋が打てる人が増えれば私が対戦できる人が増えることになるので一人でも多くの人が将棋の打ち方くらいはマスターしてほしいと思っている。

とりあえずスマホゲームで将棋にいそしんで、少しでも私も勝てるようになりたいと思う。