スポンサーリンク

なぜ日本では格安スマホの普及が進まないのか考えてみた

Pocket

このブログでは、ちょいちょい「格安スマホ(使ってるのはタブレットだけど)サイコー」「毎月1万円以上スマホ台に使ってた時代がもったいなすぎる!!」っていう感じの記事を書いています。

まだスマホ代1万円近く払っているんですか?さっさと格安スマホにしましょうよ。

スマホが高いと思うならさっさと格安スマホにしたらどうですか?

格安スマホ歴1年半の私が気になっているMVNOまとめ

もうしつこいくらい格安スマホ万歳!!的な記事を書いていますし、最近では楽天モバイルやらLINEモバイルやらmineoやらが大量にテレビCMも流しています。

しかし、自分の周囲を見ると格安スマホを利用しているのは自分を含めて2人しかおらず、ほぼすべての人がドコモ、au、SoftBankのどれかと契約してスマホを利用しています。

ちょくちょく「俺スマホ代(厳密にはタブレットの通信料)1000円ちょっとしか払ってないよ」的な話をしていてもこの有様です。

電気代を見直すくらいならスマホ代を見直したほうが、よっぽど節約効果があるのになぜなんだろうかと常々思っています。

一体なぜ格安スマホがイマイチ普及しないのか考えてみました。

スポンサーリンク

最新のiPhoneが買えない

格安スマホにiPhoneの取り扱いがないのは結構デカいと思いますね。

正確に言えばあるっちゃあるんですけど前の世代のiPhoneだったり、ちょっとサイズが小さめのiPhoneSEしかないんですよねえ。

日本人ってiPhoneめっちゃ好きじゃないですか。スマホユーザーはほとんどがiPhoneなんじゃないかってくらいに。

最新のiPhoneをいつも持っていたいという人は現状では3大キャリアで契約して持つか、Apple Storeで買うかしか方法はありません。となったらそりゃ高いスマホ代払ってでもキャリアでiPhone持ち続けるよなあ・・・と思います。

ただ、それだけiPhoneが好きなのにパソコンはMacを使っているっていう人はなかなか周りにはいないっていうことはすごい矛盾を感じますがね。

LINEが使いづらい

あと格安スマホって実はLINEが使いにくいんですよ。

何が使いにくいかっていうと年齢認証やID検索ができないんですよね。

キャリアでスマホを利用していたら当たり前のように年齢認証やID検索ができるので、それを知らずに格安スマホに変えた人の中にはこういった不満を持っている人が結構います。

格安スマホで年齢認証やID検索を利用できるようにするには、現在のところLINEモバイルを利用するしか解決方法がありません。

数多くのMVNOから通信サービスを選べるのが格安スマホの魅力の一つなのに、これでは選択の余地がないのでそりゃ今まで通りLINEが使えるキャリアでスマホを持つわなあ・・・と思います。

めんどくさい

これが一番格安スマホがイマイチ普及しない大きな理由だと思います。

日本ではスマホが通信契約を抱き合わせでずっと売られてきているので、ここにきてスマホと通信契約を分けて自由に選べるよ!と言われてもそりゃ困るよねって話です。

自分である程度知識を身に着けてスマホや通信サービスを選ぶよりも、携帯ショップに行って店員さんに任せっきりであれこれサポートしてもらうほうが楽ですからね。

最近、格安スマホに変えた人がアフターサービスが全然なかったとかで消費者センターにガンガンクレームが入っているようですが、何でも人任せにしたい人にとっては確かに格安スマホは向いていないです。

結論

・格安スマホの普及にはまだ時間がかかる。

・ただ、最新のiPhoneの取り扱いやLINEの年齢認証・ID検索ができるようになるかどうかで結構普及スピードは変わってくるはず。

・現状格安スマホの会社でiPhoneを取り扱っているのはワイモバイルUQ モバイルのみで選択の余地がない。