バスが一日4本しかない田舎に暮らしているけどバスが必要だと思えない理由

Pocket

私は現在、路線バスが一日たった4本しか走らないど田舎に住んでいます。

たった4本しか走っていない路線バスなのでいつなくなってもおかしくない状態です。

ただ私としては地元に路線バスが必要だとは全然思えないんですよね。よく赤字の鉄道路線やバス路線がなくなると困る!!なんていう意見を田舎の人がコメントしているのを見ますが「ホントにそう思ってるのかよ?」と思っている自分がいます。

その理由を以下で書いていきます。

スポンサーリンク




もっとバスを利用しましょうキャンペーンは全くもって無意味。なんで客が利用しないのか理由をわかっていない無能

なぜバスが一日4本と少なく、そこまで減らしても廃止すべきかどうか議論されるほど利用者がいないのか、その理由をバス会社が考えてなさすぎだと私は思っています。

なぜバスを利用しないのか、理由は超単純です。それは「使い勝手が悪いから」。

一日に4本しかないバスなんて不便すぎて、正直あってもなくてもいいレベルです。だって自分が出かけたいときにバスを利用しようにもないんですから。

せめて1時間に1本程度あればまだましですが、それ以下になるとまず多くの人はバスを利用せずに車や原付、自転車を使って街に出ます。

東京や大阪などの大都市に住んでいる人は想像できないでしょうが、田舎では普通に70代80代のおじいちゃんやおばあちゃんが一人で軽自動車を運転しているのは日常の光景です。

客がいないからと短期的な考えでバスの本数を減らした結果、使い勝手が悪くなってよりバスの利用者が減る、そしてまたバスの本数が減るという悪循環なんですね。

世の中なんでもそうですが、使い勝手の良い物と悪いものと選べるとなれば当然人間は使い勝手の良いものを選択します。そして使い勝手の悪いものは消えていきます。これは世の中の心理です。

運行本数を減らすことで使い勝手を悪くしておきながら、このままだとバス路線が廃止になりますよ、だから皆さんもっと乗ってくださいなんてキャンペーンをしているのは噴飯ものです。

一日たった4本しかない路線バスよりも自分で車や原付バイクを運転して街に出るほうがよっぽど便利だから乗らないだけです。

運行本数だけじゃない、バス会社の思考停止っぷりに腹が立つ

赤字路線のバスを利用しない理由は運行本数だけの問題ではありません。

バス会社の思考停止っぷりが実に腹が立つのです。

以下のブログでも取り上げられていますが、2017年にもなって多くの路線バスが事前に両替しておかないと運賃箱に多くお金を入れてもおつりが返ってきません。

バスを普段から利用する人からすればこんなの当たり前だろと思うでしょうが、ちょっと考えるとこれほど不便なことはないですね。

だってそこら中にある飲み物の自販機ですら、1000円札とか500円入れて購入したらちゃんとおつりが返ってくるんですから。バスが自動でおつりを返すシステムを導入できないはずがないんです。

田舎の狭い道を客を一人も乗せず大きなバスを走らせている愚かさ

また、廃止を検討しないといけないほど赤字を垂れ流しているにもかかわらず、なんで客が一人も乗っていないバスを走らせているのかってことですよ。

客がいないんなら小さいバスを走らせたらいいし、なんなら7人くらい乗れるハイエースとかエルグランド的な車を走らせてもいいわけです。そっちのほうがはるかに燃費も維持費もかからないでしょうし。

一番乗客が多い通勤時間ですら、バスを見ると10人も乗っていないのでワゴン車でええやろとつくづく思います。

そもそも都市部に住んでいる人は想像できないでしょうが、田舎の道は国道ですら2車線なくて行き違いも難しいくらい狭い道が多いです。それだけ道路事情が悪いのに、客を一人も乗せることなく都市部とそれほど変わらない大きさのバスを走らせていることをおかしいと思わないのかって話です。

路線バス関連の法令とかはよくわかりませんが、客が少ないならそれにあった車両を走らせればいいだけだし、それでも一人も乗客がいなかったら需要がないんだからさっさとなくせよと思うのは乱暴でしょうか?

赤字の理由を利用者のせいにしている時点で企業としてアウト

大体、赤字の理由を利用者が少ないからと客のせいにしている時点で一企業としてアウトですよね。

以前見たガイアの夜明けで黒字化に成功した北海道のバス会社の話がありましたが、バス会社の職員が一軒一軒家を訪ねてどうすればバスを利用してくれるのかアンケートを取っていました。

利用者を増やしたかったら、赤字を解消したかったらそれくらいやれよって思いますね。何も改善せずただただ乗ってくださいキャンペーンをやったってムダです。

私のような素人ですら、どうせ利用者なんていても10人もいないんだからワゴン車で運行したらとかおつりを自動で出るようにしたらとかアイデアが出せるんですからバス会社もちょっと頭を使えば改善案はバンバン出せるはずなんですよ。

それができなくて沿線住民が全然バスに乗ってくれないから悪いんだ的な責任転嫁をしている限り苦しい経営状態は半永久的に続くことでしょう。

沿線住民のせいにせずに、いかに自分たちで改善案を出せるかがこれからバス会社が生き残っていくために必要になってくるはずです。もう一度言いますが使い勝手の悪いものは放置しておけば使い勝手の良いものに消されますから。