街のクリーニング屋さんが大嫌いな私が宅配クリーニングを使った話

スポンサーリンク





今まで書いてこなかったのですが、実は私いわゆる「街のクリーニング屋さん」が苦手です。

きつい表現をするなら、苦手を通り越して大嫌いです(自分はお客様のためにまじめにやっていると自負しておられるクリーニング屋さんの人はこの辺でそっ閉じしてください)。

なぜそうなったのか、それは大学時代に初めてクリーニング屋さんにスーツやコートをクリーニングに出した時から今の今までトラブルや困惑のオンパレードだったからです。

今までに街のクリーニング屋さんで私が遭遇したトラブルや困惑の数々を以下にまとめてみました。

・スーツが必要な日から逆算してクリーニングに出したのに、仕上がり日をきっちり守らなかった。しかも謝罪なし。

・仕上がりに不満があったのでクレームを言ったら、まるっきり聞く耳を持たずきっちり金を取られた。

・チェーン店のクリーニング屋さんの店員が無愛想(クリーニング屋さんの店員って茶髪で不愛想なおばさんがやたら多い気がするのは私だけ?)。

・かと思えば大阪の下町に住んでいた時、初めてのクリーニング屋さんで初対面にもかかわらずいきなり自分の名前を君付けで呼ばれた(!)。いくらなんでも客を君付けはダメだろ・・・。

・私の地元のクリーニング屋さんは、クリーニングを依頼する際に会員カードだけでなく、スタンプカードやら割引券やら持って行かないといけない(ただでさえクリーニングに出す服で荷物多めなのに意味不明)。

とまあこんな感じで既存のクリーニング屋さんに対する不満はかなりあるのです。

そうでなくても街のクリーニング屋さんに依頼するときって、店主や店員と結構多めに話をしないといけないですよね。

いつまでに仕上げるかとか、どんな仕上がりにするかとか、果てはちょっとした世間話とか、明らかにコンビニやスーパーなどで買い物するときと比べて何かしら話さないといけない感じが嫌なんですよ。

あまり知らない人、別に仲良くしたいと思っているわけではない人と割と多めに話をしないといけないというのは私にとって結構苦痛です。

しかし、スーツやコートなどはなかなか自宅では洗えないのでどうしてもクリーニング屋さんに依頼せざるを得ないんですよね・・・。今まで正直嫌々ながら服をクリーニングに出していました。

ただ、最近「宅配クリーニング」というものを知り、これなら一番私が不快に思っている「店主や店員と半ば強制的に話をしないといけない」という苦痛からは少なくとも逃れられるなと思い早速クリーニングを依頼してみました。

以下はそのレポートです。

スポンサーリンク

 サイトから依頼して箱に詰めるだけ詰める

今回クリーニングを依頼したのはリネットという会社です。

2400円以上の注文で送料無料になって、初回30%OFFとのことでここにしました。

まず、サイトから住所や氏名など必要事項を入力しその後たまたま家にあったAmazonの箱にスーツ上下とカッターシャツ、コートを入れました。

一つの箱ないし袋に入るのであればいくら詰めても送料は変わらないとのことだったので上記の4点を箱に詰めたのですが、思っていたよりもすんなりと詰めることができましたね。

こうして発送準備は完了しました。

最短2日!でも大雪で遅れた

サイトから依頼した日時に、クロネコヤマトが荷物を取りに来てくれました。

荷物を自宅まで取りに来てもらった経験がなかったので、伝票とかどうするのだろうかと思っていたのですが、普通に配送先が印刷された伝票を持ってきてくれて貼ってくれました。

木曜日に依頼して最短2日で仕上げてくれるとのことなので、土曜日の到着を楽しみに待っていたのですが依頼した時がちょうど大雪。

案の定、リネットから大雪で到着が遅れるというメールが来て仕上がった服が自宅に届いたのは日曜日でした。

肝心の仕上がりは?

クリーニングに出す前でも、多少シワができている程度でクリーニングに出しても大して変わらないだろうと思っていたのですが、いざクリーニングに出すとやっぱり全然違いますね。

スーツはしわがなくなってきれいになりましたし、コートも長期間保管していた時特有のニオイが消えてスッキリしました。

それだけだと街のクリーニング屋さんに出したのと変わらないなと思ったのですが、いざ着てみたときに違いがわかりました。

なんとなくスーツもコートもツルツルしている感じがするんですね。肌触りがめちゃよくなったような。これは今まで街のクリーニング屋さんに出していた時にはなかった感触ですね。

改めてサイトを調べてみるとリファイン加工でそうなるようです。スーツやコートが面白いくらいツルツルした柔らかい感触になっているので新品に戻ったようです。

またリネットは無料でシミ抜きをしてくれるのですが、知らないうちにスーツもコートもシミができていたようでそれもキレイにしてくれました。

あと次回からクリーニングに出しやすいように専用のバッグと伝票が付いていました。クリーニングに出すとどうしても増えてしまうハンガーも次回クリーニングを頼むときに一緒にバッグに入れれば返却できるようです。

街のクリーニング屋さんに不満があるなら宅配クリーニングを使ってみては?

私のように街のクリーニング屋さんに不満を持っていたり、不便さを感じている人って結構いると思うんですよね。

ただ、そういう人であっても自宅で洗えない服って現代でも結構あるのでどうしてもクリーニング屋さんに依頼しないといけないわけですよ。

その点、ネットから宅配クリーニングを使ったら、クリーニング屋さんとのめんどくさいやり取りであったり服を持っていく手間であったり、会員カードからポイントカードから割引券やら持っていく手間がなくなるのです。

わずらわしさもなく、仕上がりも思っていた以上に満足いく結果になったので、私はこれからもネットからクリーニングを依頼しようと思います。

宅配クリーニングリネット