MVNOは同じ電波網を使っているけどやっぱり差がある~DTIに戻そうかなと思っている話~

Pocket

昨日、久しぶりにブログを更新したら急にブログで書きたいことが湧いてきました。

あと、ブログを書き終わってアップロードした直後の何とも言えないスッキリ感ややり切った感が久しぶりに味わえたので久しぶりに2日連続で更新したいと思います。

今回は格安simのネタです。

スポンサーリンク




安さにつられてDMMモバイルにしたけどもう変えたい

私が今年の初めにタブレットを購入して、格安スマホのSIMを挿して使っていることはこのブログでさんざん書いている通りです。

当初はデータ通信限定で半年間無料で使えるというキャンペーンをしていたので、DTIのデータ専用SIMを挿していました。

ただ以前からDMMモバイルが一番安いというのを知っていたこと、データ通信限定だと携帯番号がもらえないのですが思いのほかそれが不便だということがわかり、半年の無料期間が終わるころにDMMモバイルのsim、それも携帯番号付きの通話プランに変えたわけです。

ただ、使っていくとDTIを使っていたころと違う不便な点が一つ見えてきました。

それは「DTIに比べて明らかに電波が入りにくい」ということでした。

DTIもDMMモバイルも同じドコモの電波網を使っているので、理屈の上では電波の入り方に差はないはずなのですが、明らかに電波の入りに差が生じています。

私は結構山奥に住んでいて、都市部に比べると電波は入りにくい環境なのですがそれでもDTIのころは常に4GLTEの電波がバッチリ入っていたのです。

しかし、DMMモバイルに変えてからしばらくするとちょくちょく4GLTEの電波が入らないことが目立つようになりました。

電車の移動時には電波が全く入らないこともあるようになり、結構不便することが多くなりました。

安さの面であったり、残ったデータ容量が繰り越せること、利用料金に応じてDMMで使えるポイントが10%分もらえることなどDMMモバイルのメリットはそれなりにあるのですが、やっぱり肝心の電波がちゃんと入ってくれないとちょっとなあ・・・という気が今はしています。

ただ、私が現在契約しているのは携帯番号がもらえる通話simプランなので1年以内に解約しちゃうと解約違約金が発生するんですよねえ。まあキャリアのスマホと違ってずっと解約違約金がかかるわけじゃないのでそこは格安スマホのSIMにしてよかったなと思っています。

それはさておき、私は解約違約金というような本来払わなくていいお金は一円たりとも払いたくないので、とりあえず1年間は使い続けた上で解約してDTIに戻ろうと思っています。

これから格安スマホにする人はDTI一択で。

格安スマホの中で一番安いということでDMMモバイルに変えたわけですが、いつの間にかその差は縮まって、DTIと料金プランを比べてもさほど変わらないことに最近気づきました(笑)。

現在DMMモバイルで2ギガの通話SIMを使っていて月1490円払っているのですが、自宅のwi-fiをフル活用してるので一か月で1ギガ以内に収まっています。

そんで1ギガの通話SIMで比べたところDMMモバイルは1260円、DTIは1200円(ともに税抜き価格)でDTIのほうがちょっと安いんですよね。

3ギガの通話simの料金プランを比べてみてもDMMモバイルなら1500円、それに対してDTIは1490円(ともに税抜き価格)でやはり若干DTIのほうが安くなっています。

ポイントがもらえたり、毎月のスマホ代が安いというのはもちろん重要ですが、結局電波がバッチリ入ってくれないと話にならないですからね。

それを考えると今は料金もほとんど変わらなくなってきていることもあるので、これからキャリアを卒業して格安スマホにするならDMMモバイルよりもDTIのほうがおススメだといえます。わずか数十円の差ではあるんですが(笑)。


DTI SIMはこちら

まとめ

・同じドコモの電波を使っているはずだが、明らかにDMMモバイルよりもDTIのほうが電波の入りは良好。

データ通信プランは半年間実質無料だったり、でんわ定額3ギガプランが半年間半額だったりしているので格安スマホを考えているなら現時点ではDTIを選んでおいたほうが無難。