Kindle Unlimitedを辞めた理由

Pocket

つい先月、あれほど賞賛していたKindle Unlimitedを無料期間内でやめました。

本好きは必ず入れるべき!kindleUnlimitedを早速やってみた感想

なんで無料期間内でやめたのか、その理由を2つに分けて書いていきます。

スポンサーリンク

読みたい本が急激に少なくなった

一つ目はこれですね。

サービス開始当初はこの本もあの本も月980円でいくらでも読めるのか!!なんてくらい、有名どころの本が読み放題の対象になっていました。

しかし、いつの間にやら品揃えがどんどん悪くなっていき、漫画に至っては聞いたこともないようなマイナーなタイトルばっかりが並ぶようになりました。

サービス開始当初にあれも読みたいこれも読みたいと上限10冊までダウンロードしたのですが、それを一通り読んでさて新しい本をあさるかとサイトを開いたら読みたい本がもうなくなっているっていう状態でした。

いろいろ調べたところによると、有料化に伴って会員数が減少することを見越して読み放題の対象本を減らしていたとのこと。ということは読み放題はさすがのAmazon様でも大して儲からないということか・・・。

そういうわけで最初の10冊を読んだ後読みたい本が急激になくなったというのが一つ目の理由です。

やっぱりそれなりの対価を支払わないと身につかない

もう一つはこれです。

実はこういうことは前々からわかってたことなんですけどね。

よく本代を節約するために図書館通いする人っているじゃないですか。私も大学生時代は大学内の図書館の本を全部読む勢いで借りていた時期があります。

ただ、図書館って当たり前ですけど無料で本が借りられるわけです。それっていわばノーリスクなんですよ。

つまり借りた本を読んで身に着こうが身につかなかろうがリスクがないので損しないわけですね。そういう条件だと不思議なもので本の内容や知識が身につかんのです。

だから私は図書館にはいかずにほしい本はできるだけお金を出して買うようにしています。そのほうがお金を払っているのだから元をとらねばという感覚になるので、ちゃんと身につくんですよね。

kindleUnlimitedは無料ではなくて月額980円とはいえお金を払わないと利用できないので、読み放題でもちゃんとお金を出して本を購入しているのと同じと思っていたのですがやっぱりだめでしたね。

特にこの本ダウンロードだけしておいて後で読めばいいやってのは100%読まないです。そういうことができるのも結局読み放題だからなわけで。

結局無料あるいはいくらサービスを使っても定額ってのは、記憶に残りづらいしどうしても身につかないですね。これが辞めた理由の2つ目です。

結論:本はちゃんとお金を出して買いましょう。

はい、結論としては本はちゃんとお金出して買わないとちゃんと読まないし、身につかないってことです。

ちょっと考えたらわかることなんですけどね。タダより高いものはないなんて昔から言いますし。ちょっと違うかwww。

付け足し:今日この記事を書く前にAmazonのサイトに行ったらKindleUnlimitedのコーナーが全然見当たらなかった。もうやめたのだろうか?