スポンサーリンク

ブログで書くと100%すべるネタはこれだ

Pocket

ブログを書き始めて早1年半が過ぎようとしている。

自分が仕事やら生活で経験したことをブログという形でアウトプットしていくと、他の人がどんなブログを書いているのか気になってくる。

なので他の人のブログを読むことが多いのだが、つくづく読んでいてつまらないな、面白くないなと思うブログ記事というものが存在する。

それは何かというと「飲み食いネタ」である。

スポンサーリンク

人が何を飲み食いしたとかそんなの興味ないんですわ

gazou_0211

よく芸能人やタレントなんかが「今日はどこそこのお店でこんなん食べました。」といった記事をブログにアップしていることがよくある。というかアメブロはそんな記事ばかりである。

正直つまらんし、いったい何が面白いのかと思うのだ。

なぜつまらないのか、理由は簡単で「人が何を飲み食いしたという情報は役立つようで全然役に立たない」からだ。

書いている本人からすれば自分が飲んだり食べたりして良かった情報を共有しているつもりなのかもしれないが、こちら奈良のど田舎住まいの人間に東京のどこそこの店がいいよと言われても飲み食いするためだけに東京に行くわけないだろと思ってしまう。

しかし芸能人やタレントなんかがこういった記事をやたらめったら書くせいで、無名の一般人もブログにはこういった記事を書けばいいんだと思ってしまっているところが実に痛い。

100万歩譲歩してその芸能人やタレントのファンならば、どこで何を飲み食いしたここおススメだよなんていう記事に対していいねしたりコメントを山ほどつけたりするんだろうがタダの一般人がそんな記事をアップしたところで誰が面白いと思うのか。

以前、起業イベントに参加した話でもそこに参加していた起業家や専門家のほとんどがブログやサイトを持っていなかったという話を書いたが、ただ一人ブログを書いていた司法書士の先生すらこういった飲み食いネタをアメブロで書いていた。

一般人が司法書士の先生が書くブログに何を期待して訪問するのかを考えれば、そんなどこで何を飲んだ食べたネタなんてしょうもない記事を書こうなんて思わないはずだ。

起業家イベント内でなかなかためになるお話を伺うことができただけに、後でブログをチェックした時の期待はずれっぷりは大きかった。

元々一定の知名度やファンを持っている芸能人やタレントが、ブログで飲み食いネタを書いても一定の需要があるだろうが、そうではない一般人がそういったネタを書いたところで失笑ものである。

ついでに最近やたらブログで目にする「今月の収支報告」みたいなのもクソしょうもない。

読んでいる側に何にも利益がない上に「自分はこれだけ稼いでるんだぜすごいだろ」というリアル世界ではおよそ恥ずかしくてできないことをネット上で当たり前のようにしていることに何も感じないのかとつくづく思う。

オピニオン記事が読みたい

gazou_0329

ブログを書く目的は人それぞれだろうが、私はこう思うこう考えるといったオピニオン記事が私は面白く感じるしそういった記事をもっと読みたいと考えている。

そういったオピニオン記事を読んで「自分もそう思う」とかあるいは「いやそうは思わないな」と読んだ人の気持ちがゆらぐ時点で読んでいる側に何かしらの利益をもたらしていると考えているからだ。

読んでいる側の気持ちが何かしら揺れ動く記事が「面白い記事」なのではないか。

それを考えると飲み食いネタや収支報告ネタが読んでいてつまらないのは気持ちが揺れ動かず、結局読んで損した気分になるからなのだ。それこそ時間返せって話。

そういうわけで自称プロブロガーのみなさん、飲み食いネタや収支報告ネタはいらないんでどんどん社会に切り込んでいくオピニオン記事をバンバン書いてくださいな。

その意見に賛同するかどうかはさておき、飲み食いネタや収支報告ネタといった読んでいる側に何の利益ももたらさない、へたするとただの自慢記事を読まされることに比べたらはるかに読者を集められるのではないだろうか。

ブログを始めた当初は尖った意見をバンバン言ってアクセスを集めていて面白いと思っていた人が、ある程度お金が稼げるようになった途端に足並みそろえて飲み食いネタや収支報告ネタに走っていてつまらないことに対する愚痴でした。

付け足し:オピニオン記事って具体的にどんなのよ?と思う人は永江一石さんの金がないなら頭を使え 頭がないなら手を動かせ: 永江一石のITマーケティング日記2013-2015 ビジネス編がおススメ。

ブログ記事を本にしたものであるが長文であるにもかかわらず、文章の構成がかなり優れていてしかも記事一つ一つが「なるほどな」と納得させられるくらい面白い意見がたくさん盛り込まれている。

kindleUnlimitedでも配信されているので一度チェックしてみてほしい。

金がないなら頭を使え 頭がないなら手を動かせ: 永江一石のITマーケティング日記2013-2015 ビジネス編