スポンサーリンク

サラリーマンも生活保護受給世帯も本質的には同じ。だから下に見るのは無意味だ。

Pocket

世間一般では社会人として自立している状態というのはどこかの会社、それもつぶれる心配のない会社や公務員に就職してそこからもらうお給料で生活していることを言っていますね。

私はこれにかなり疑問に思っていまして、嘘や化かし合いにまみれた就職活動を経て会社や公務員に就職して金もらうことがそんなに偉いんかと思っているんですよ。

スポンサーリンク

もらう給料分本当に利益をもたらしているといえるのか

venice-442930_640

私がサラリーマンを辞めてからというもの個人事業主兼フリーターとして日々生きているわけなんですが、まあ日々いろいろな人からどっか大きくて安定した会社に就職しろ、もしくは公務員になれなんていう圧力であったり、頼んでもいない助言をいただいたりするわけです。

そういったことを言ってくる人たちはもれなくお金を得るにはどこかで人に雇われるか、公務員になるしかないと心底思っているわけですよ。

そうやって他人から雇われて生活に必要なお金を「もらう」ことが自立だと信じてやまないんですね。

それって国から生活保護費もらってパチンコに行っている人たちと何が違うのかって話なんですよ。これ本気で思ってます。

サラリーマンにせよ、生活保護費もらってパチンコ行ったり贅沢な生活している人(そうでない人が大半だと信じたいが)も他人からお金をもらって生活している点では一緒なんですね。

違いとしてはそのお金をもらうプロセスに「働く」ということが含まれているかどうかしかありません。

その「働いてお金をもらう」というただ一点で、サラリーマンと生活保護費もらってパチンコ行く人間と全然違うじゃないかという意見が出てきそうですが、じゃあ日本中にいるサラリーマンのなかで毎月自分の給料分、会社に利益をもたらしていると自信を持って言える人がどれだけいるんですかね?

当たり前の話ですが、会社内で事務作業をしたりお金の計算をしたからと言ってそれ自体でお金が発生することなんてありえません。

会社としてはその仕事自体に利益は発生しないけどやってもらわないと会社が運営できないので、そういった仕事に携わっている人にお金を渡しているだけです。

お金というのは自分の会社の商品やサービスをお客さんに売ることでしか得られません。これはどんな商売でも同じです。

じゃあ世の中の営業職の人は給料に見合った利益を会社にもたらしているかというと、おそらく99%それはありえないことは簡単に想像できます。

本当に給料に見合った利益を会社にもたらしてお給料をもらっている営業職なんて、古コミッションの保険の営業職くらいでしょう。こういった人たちは毎月コンスタントに営業成績が上がらなければ即自分の生活に影響が出てきます。

それ以外の営業職はまず毎月もらう給料分、商品やサービスを売ってきて給料と同じかそれ以上に会社に利益をもたらしているからお金をもらえるなんて胸張って言える人なんて皆無。

つまりサラリーマンとして働いてその対価としてお給料をもらっているというのは大間違いで結局生活保護と一緒で、会社に時間や労働を提供する見返りに生活に必要なお金をもらっているだけということなんですよ。

生活を保護してもらうのが国なのか、それとも会社なのかその程度の違いだということです。

大卒の初任給を自力で稼げないでしょ。

いやそんなことはない自分には会社からもらう給料分を稼ぐ能力があるんだ、だから労働もなしに生活保護費をもらって生活している人とは全然違うんだという人もいるでしょう。

だったら、自分が勤めている会社以外で自分がもらっている給料分自力で稼いでみろよって話になります。

役員クラスで年収1000万円超えるような人でも、会社以外で自力でお金を稼ごうと思ったらそれこそ大卒初任給ほどの額でもかなりきついはずです。

会社で多くの給料を稼いでいるからといって自分にはそれだけのお金を稼ぐ能力があるのだと勘違いするなということです。

人に雇われて経済的に依存しているにすぎないのに、生活保護をもらって生活している人を見下すなよってことです。

そこに働くという行為があるかないかの違いしかなく本質的には一緒だからです。

人に雇われて働くことで生活を保護してもらうために、みんな就活で嘘や化かし合いをしまくって内定をとろうと必死になるんですね。

これのどこが自立かと。

それを考えたら会社から離れて自力でお金を稼ごうとしている姿勢を出している人のほうがよほど自立しているわけです。

サラリーマンはさぼろうが仕事で結果が出なかろうが、毎月もらう給料は変わらないですしね。

最近のスマホゲームのCMでも「会社に飯を食いに来ているのか仕事しに来ているのかわからない」なんていうセリフがありましたが、これこそお金をもらう相手が国か会社化の違いだけでサラリーマンと生活保護をもらう人との差なんて大してないことを表しています。

だから会社に雇われて働いていることで、自分は自立しているんだ、会社に雇われずにいるお前よりも偉いんだと勘違いするなってことです。

断じて違うというのであれば、一度会社以外で自分の給料分お金を稼ぐチャレンジをしてみてはどうでしょうか。

今はBASEもありますし、ブログを書いてアドセンスを張ってもいいでしょう。分からない人はググってください。

クラウドワークスで仕事を受注してみてもいいですね。技術が必要なサイト作成から誰でもできる文章作成、レシートの内容を入力するといった超単純作業までお金を稼げる仕事があふれかえっていますよ。

はじめのうちは数十円、数百円稼ぐだけでもかなり苦労するはずです。人に雇われてお給料もらうほうが実はよっぽど楽だということを痛感することでしょう。


実際私もそれを痛感しましたし。

そういうわけで人に雇われて働いているからと言って別に偉くもないし、それでフリーランスや生活保護をもらっている人を下に見るのは論外だという話でした。

ホームページ制作から記事作成まで!色々な仕事が受注できるクラウドソーシングの【クラウドワークス】

初期費用・月額利用料0円からはじめるネットショップ。専門知識不要