挨拶すらできない?あなた一体何ができるの?

Pocket

ある方のブログを読んでこれは違うなと思ったので一言。

スポンサーリンク




挨拶すらできなくて何ができるのさ?

gazou_0439

挨拶くらい黙ってすりゃええやん。

挨拶くらいごちゃごちゃ言わんと黙ってすりゃええやんと思うんですね。

だって日本における挨拶(社会人の場合)の主なものなんて「おはようございます」「こんにちは」「こんばんわ」「さようなら」「ありがとうございます」「お疲れ様です」くらいでしょ?

これら6つの言葉もプライドやら思考が邪魔してできないっていうならあなた、それどうかしてますよ。

思想信条の自由を盾にして国旗掲揚や国家斉唱時に起立しない教職員かよって話ですわ。

こういった言葉があるおかげで、知らない人と話すきっかけになるし周囲の人ともトラブルなく円滑に関わっていけるわけです。

ツイートでも書きましたが、挨拶にあたる言葉がない国なんて世界中どこ探してもないでしょう。

つまり挨拶は最初のコミュニケーション手段として、人間関係を円滑にするうえで必要不可欠だということです。

そもそも挨拶の「あい」には「心を開く」という意味、そして「さつ」には「その心に近づく」という意味があります。

つまり自分から相手に心を開いて相手の心に近づくという意味なんですよ。

挨拶ができないというのはすなわち自分から心を開かないし相手側に近づかない、相手から心を開いてくれて近づいてくれることを期待するっていうことです。

書いていて気付きましたがこれって昨今の挨拶できない若者の思考そのものですよね。自分からは近づかない、相手から何かしてくれるのをただ待っているだけっていう。

ブログタイトルにも書きましたが、ほんと挨拶一つできなくて何ができるのって話ですわ。

フリーランスで働くならともかく、日本では多くの人が何かしらの組織に属して働いている以上、挨拶なんて単に言葉を発するだけのことができない人間が仕事なんてできるわけないでしょう。

人と関わることを拒否してるんですから、当然孤立します。

フリーランスにしたってガチで100%自分の力だけでやっていけていますなんて人は、ほぼいないでしょう。

そういうわけで挨拶ができないなんてデメリットしかないし、そもそもそんな簡単なこともできなくて何ができるのって話でした。みんな挨拶くらいちゃんとしようぜ!!