内定が取れない人は個人事業主になることを選択肢に加えよう

スポンサーリンク
Pocket

就活しているけど全然内定が取れない学生は個人事業主になることを選択肢に加えてみたほうがいい。

現在は私が学生時代の時に比べたら、はるかに個人事業主(フリーランス)になりやすいし、ちょっとネット検索すれば新卒フリーランスの成功例なんていくらでも出てくる。

独立自営というとものすごいハードルが高く感じられるだろうが、かつては毎月定期的に同じ給料がもらえるサラリーマンなんて少数派でほとんどが農業や小規模な商売で生計を立てていたのだからできないことはないはずである。

妥協に妥協を重ねてブラック企業でやりたくもない仕事をして、精神的にも肉体的にも消耗して短期で退職するくらいなら最初から個人事業主になって活動するほうがよっぽど良い。

スポンサーリンク

仕事なんて選ばなければいくらでもあるという考えに従うと後々大変なことになりますよ

Green19_taisyoku20141123133801_TP_V

なかなか内定が取れない学生さんや、転職活動しているけど内定が取れない社会人の人に対して「仕事なんて選ばなければいくらでもある。えり好みしすぎなのでは?」という人がどこにでもいる。

一見もっともらしい意見だし、仕事はいくらでもあるということもまあ正解だ。

しかしこの考え方に忠実に従うと、下手すると身を滅ぼしかねない。

なぜそう言えるのか。ここで一例をあげたい。

仕事なんて選ばなければいくらでもあるという考えのもと、仕事を探したとしよう。

なかなか自分が行きたい企業から内定が取れない。そんな自分はもしかしたら企業に対して高望みしているのではないか、もっと言えば選ばなければいくらでも企業から内定が取れるのではないかと考え、手当たり次第に応募する。

すると世の中には万年人手不足で常に採用募集をかけている企業ないしは業界というのが必ず存在する。

そういった企業や業界が万年募集をかけていても人手不足が解消されないのは、仕事自体が超ハード、待遇が悪すぎる、労基法が全く守られていないなどなど人が入ってもすぐに辞めてしまう理由が必ず存在する。

しかし、このまま内定がないまま大学を卒業するくらいならどこかしらの企業からとりあえず内定をもらったほうがよっぽどましと考え、そういった企業に応募する。

当然そういった万年人手不足の企業や業界は、人が足りなくて困っているからほぼ無試験状態で内定を出す。

学生側は卒業前に何とか内定が取れたことで一安心するだろうが、入社してからは地獄である。

仕事なんて選ばなければいくらでもあるという考えでブラック企業に入社した結果、精神的にも肉体的にも消耗して短期で退職せざるをえなくなる。

元々大してやりたいわけでもない仕事ならなおさらである。

しかし、じゃあそれを教訓に企業を探そうにも前の会社を短期で辞めていることや、その働いていた企業や業界のイメージの悪さによって自分が行きたい企業から内定が取れなくなるのである。

転職活動において前に勤めていた会社がどれだけブラック企業で、働くに値しない会社であったとしても結果として短期でやめてしまえば「こらえ性のないやつ」「根性なし」という烙印を押されて何十社何百社と受けても内定が取れない負のスパイラルに陥る。

採用側からしてみれば前職がどれだけブラック企業であっても知ったこっちゃないのである。

どれだけひどい環境で働いていたのかを話すことで同情してくれたり、短期で辞めたことに理解してくれると思ったら大間違いだ。

そしてこれは想像でもなんでもなく私の実体験である。

仕事なんて選ばなければいくらでもあるなんていう無責任な言葉に騙されてはいけない。

その言葉に従った結果、取り返しのつかないことになってしまうからだ。

履歴書を汚すくらいなら最初から個人事業主でいろんな仕事を試そう

PAK85_notepc20150319202127_TP_V

仕事なんて選ばなければいくらでもあるという考えに従ってブラック企業での勤務歴で、履歴書を汚すくらいなら最初から個人事業主になっていろいろなお金儲けを試すほうがよっぽど有益だ。

個人事業主のなり方はとても簡単で税務署で紙切れ2枚を提出するだけである。書き方がわからなければ税務署の人がかなり丁寧に教えてくれるし、ネット上にも情報はいくらでも転がっている。

私が税務署に個人事業主の届けを提出するときは、税務署の怖い人に怒られたりしないだろうかとかなりビビっていたが全くそんなことはなく、拍子抜けするほど簡単だったのを覚えている。

そしてこの手続きで自営業を名乗ることができ、無職ではなくなるので体裁も良い。

個人事業主になってからバイトを掛け持ちしたりしてもいいし、何か売るものを作ってネットショップを作ってもいい。

個人事業主は法に触れでもしない限り、何でお金を儲けてもいいのである。

そしてそのお金儲けにかかった経費はちゃんと計上して、節税に使わないといけないので経営の知識が自然と身に着く。

もし途中で就職することになっても廃業届1枚を税務署に提出するだけである

今、内定が全然取れなくて自暴自棄になりそうな学生さんは妥協を重ねまくってブラック企業に就職するよりも最初から個人事業主になることを選択肢に入れるべきだと思う。

BASEというサービスならわずか数十秒で自分専用のネットショップが作れるし、維持費もかからない。気になる人は一度見てみてはどうだろう。

無料ネットショップ開業「BASE」