amazonギフト券やGoogleplayカードを安く購入できるサービスを見つけた

スポンサーリンク





スクリーンショット20160716

Amazonギフト券を格安で手に入れることができるサービスを見つけた。

ギフルというサービスである。

Amazonだけでなく楽天やLINE、Googleplayカードなどコードを入手すれば使えるギフト券が個人間で売買できる。

スポンサーリンク

ありそうでなかったネット上で使える金券取引サービス

最近ではネット上でゲームに課金したり、アプリを購入したり、ひいては買い物をするのにAmazonや楽天などのギフト券を利用する人は多い。

しかし、こういったネット上で使える金券類を定価よりも安く手に入れる方法は今までなかった。

リアル店舗の金券ショップではなかなか扱っていないし、手に入れるにはコンビニで定価で手に入れるしかない。

しかもこのサイトによれば、itunesカードは金券ショップでは買取を断られることが多いそうだ。

買取を断られるということは当然流通しないわけで、リアル店舗でitunesカードを定価よりも安く手に入れることはかなり難しいことになる。

またネット上で使える金券をもらっても使い道がこれといってなく持て余している人もいる。

アンケートサイトの謝礼であったり人からのプレゼントでもらうことは結構あるからだ。

私自身、Amazonでよく買い物をするのでAmazonギフト券をもらったら喜んで使うことができるが課金ゲームに課金することはないし、有料アプリを購入することもほとんどないのでモノによってはもらっても持て余す金券が存在する。

ネット上で使える金券類を安く手に入れたい人と、ネット上で使う金券をもらったけど持て余している人の双方を結びつけるのがこのサービスの特徴である。

コードのやり取りだけで即入金、即使える

このサービスではギフト券のコードのやり取りだけで売買できるので、ギフト券をすぐにでも監禁したい人、安くギフト券を手に入れてすぐ使いたい人にとってはかなり使えるサービスである。

こういったネット上で使えるギフト券はコードさえあれば使えるので、郵送する手間もいらない。

みずほ銀行やゆうちょ銀行、楽天銀行や住信SBIネット銀行であれば24時間即日入金に対応しているから、すぐに換金したい人にとってはかなり使えるサービスなのではないだろうか。

ヤフオクより安全

ネット上で金券の売買となるとヤフオクが思い浮かぶが、取引はあくまで個人間でのことになるのでちゃんと使えるギフト券が入手できるのか不安がどうしてもつきまとう。

しかしギフルだと、その不安はない。

ギフト券を購入した時点で取引が完了するのではなく、実際に購入者がAmazon等のサービスアカウントに額面をチャージできてはじめて取引完了となる。

それまでは入金してもギフル側がお金を預かっておく形になるので、万が一使えないコードのギフト券をつかまされても返金されるので安心できる。

この点でヤフオクだったりフリマアプリでギフト券の取引をするのとはかなり違う。

Amazonギフト券などネット上で使うギフト券を安く手に入れたい人、あるいはもらったけど使わないので持て余している人は一度チェックしてみてはいかがだろうか。





スポンサーリンク
格安スマホの相談に乗ります。