今さら聞けない憲法改正のプロセスを法学部出身者が解説する

スポンサーリンク





ballot-1294935_640

昨日の参院選、政権与党が圧勝という結果になりました。

これによって憲法改正に向けてかなり具体的に進んでいくのではないかとメディアは言っています。

今回の参院選では、いつの間にか憲法がやたら話題になってて今の与党が単独過半数を取ったら速攻で憲法を改正されて自分たちは戦争に行く羽目になるなんてデマを流している人たちもいましたね。

仮にも大学の法学部で憲法を勉強してきた身からしてみれば国会議員だけで憲法が自由に変えられると思っているあたり噴飯ものなんですが。

ただ、そういった意見に流される人が割と多いのを見ると実は本気でそう思っている人が多いんではないかということに気づいたわけです。

そこで参院選終わった直後で世間もそれなりに政治に対する関心がまだ高い状況だと思うので、憲法はどうやって改正されるのかそのプロセスを改めて確認したいと思います。

スポンサーリンク

憲法改正は国会議員だけではできない

parliament-317085_640

まず一つ言っておきたいのは憲法改正は決して国会議員だけではできないということです。

日本国憲法には憲法改正のプロセスも実はちゃんと明記されています。

日本国憲法96条に「各議院の総議員の3分の2以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行われる投票において、その過半数の賛成を必要とする」とあります。

つまり憲法改正においては国会議員はあくまで憲法をこのように変えませんか?と国民に提案するまでのことしかできず、それを行うことすらもかなり厳しい要件が課されているのです。

普通、国会において法律を作る際には衆参両院で出席議員の過半数が取れれば成立します。

しかし憲法の場合は各議員の総議員の3分の2以上の賛成なのです。この点でかなり憲法改正の提案をするだけでも相当厳しいことは容易にわかります。

さらに衆参両院で憲法改正の発議、つまり国民に対する提案をして有権者の過半数の賛成を経ないといけません。

いくら国会が憲法改正に賛成の勢力で埋まっていたとしても国民投票で過半数の賛成をとらないと憲法改正はできないんです。

憲法を改正した方が良いんじゃないかと思う人たちが徐々に増えてきているとはいえ、現状で国民投票で過半数を取れるかというとなかなか厳しいのは明らかです。

これは中学の公民レベルですよ

portrayal-89193_640

今回の記事においては、憲法改正はどのような手続きを経て行われるのかについて解説しました。

ただ、これって中学の公民で普通に習うはずの事なんですよ。

つまり今の与党が大勝すれば国会議員だけで勝手に憲法が変えられてしまうと本気で思っている人たちは、中学の公民から勉強し直せって話なんです。

国会議員が勝手に憲法いじって日本を戦争できる国にしてしまうよなんて煽っている連中も、それを支持する連中も中学レベルの基礎知識もなしに政治を語っちゃってるわけですわwww。

最近は政治団体ができたり、デモに参加したりする人が多いですがそういった政治活動をするのであれば最低限の政治の仕組みや基礎知識を備えてからやれよって話なんですよ。

まとめ

はいまとめますよ。

・憲法改正は国会議員だけではできない。国会議員ができるのはあくまで憲法をこのように改正しませんか?っていう提案だけでそれすらもかなり厳しい手続きが必要。

・これは中学の公民で普通に習うことである。つまり政権与党によって勝手に憲法が変えられてしまうというアジテーションをしたり、それに簡単に乗っかる連中は中学レベルの知識も知らないということ。

・政治団体を作って活動したり、デモ活動するのは大いに結構だけど、中学レベルの政治知識もなしにやるのはただ恥をかくだけ。

政治に関心を持ったり、具体的な行動をするのは大いに結構ですがちゃんと勉強しましょうね~。

ちゃんと勉強しないと「あいつ最近偉そうに今の政治について語るけど中学レベルの知識もないのか」と恥をかくことになりますよ。