やっぱりブログはオピニオン記事が一番面白い。

スポンサーリンク





昨年3月からブログを書き始めて、早1年と1カ月くらい。

途中、サーバー移転につまづいてやる気なくなって1カ月放置してからまた復活。

時折ネタが尽きることがあるが、それでも自分の考えや意見を忌憚なく表明するのはかなり楽しいし、他の人のそういった記事を読むのも好きである。

さて、他の人のブログ記事を読んでいてずっと思っていることがある。

それは他人の意見や考え方なんかを記述しているブログ記事は面白く感じるのだが、それ以外の記事は全然面白く感じられないということだ。

スポンサーリンク

何食べたとか、そういう情報をあなたにそれほど期待していない。あなたの考えを聞きたいのです。

blogging-15968_640

よく芸能人ブログみたく、今日何食べたとかどこ行ったとかこの観光スポットがおすすめだとかそういった記事を書く一般人は結構いる。

最近よく聞かれる有名なブロガーでも、どこそこの何々が超旨いだのどこそこの店がおススメだのこのガジェットがおススメだの書いているブロガーが結構いる。

需要がそれなりにあるから書いているんだろうが私としては、日々チェックしているブログがそういう記事しかなかったらその日は読まない。

どうしても面白く感じられないのだ。

うわーこういうこと書く?ってくらいの過激な考えだったり、誰も言わないけど言われてみたら超正論!みたいなオピニオン記事を読みたいのである。

だから、正直プロブロガーを名乗っている人が自分の考えや意見じゃなくてどこそこの何々がおススメみたいな記事を書いているのを見ると「期待してるのそこじゃないんだけどなあ・・」と思ってしまうのだ。

そもそもどこそこの何々がおいしいからおススメなんて記事でネット上で宣伝したところでどれだけ集客が望めるというのだろうか?

たとえば私は奈良住まいだが、それで東京の〇〇っていう店のなんちゃらが美味しいです!!なんていう記事を見たところで「で?」としか思えない。

そりゃそうである。わざわざその店のおススメメニューを食べるためだけに東京に行くわけにはいかないからね。よっぽどお金持ってる人なら別だけど。

橋下氏やホリエモンが何の意見も考えも書いていない記事読みたいか?

私の言っていることが理解できない人は橋下徹氏であったり、ホリエモンこと堀江貴文氏がブログをやってるとして、そのブログにどこそこのなんちゃらがおススメなんて書いてあったらそんな記事を読みたいだろうか?

アナタに期待しているのはそこじゃないんだけどなあっていう気持ちにならないだろうか?

この両者がブログをやっていれば、どこのお店のメニューがおススメなんていう記事よりも断然尖っている正論や炎上しそうな意見がみっちり書かれたブログ記事を読みたいと思うのではないだろうか。

実際そっちのほうが断然面白いだろうし。

ブログは本来様々な人の意見や考え方がのぞけるからおもしろいのである。

まとめ:ブロガーの皆さん、もっとオピニオン記事書いてください。

そういうわけでここで言いたいことは「ブロガーの皆さん、もっと尖ったオピニオン記事書いてください」ってことである。

ココで名前を挙げることはしないが有名なブロガーの記事を最近読んでいると先ほど書いたような、おススメの観光スポットであったり食べ物であったりといった記事ばっかり書いているのが多いのである。

アナタに期待しているのはそこじゃないんだけどなあ、もっと尖った意見や正論を聞きたいからブログをのぞいているのにといつも思う。

嫌なら読むなと言われそうだが、その理屈を突き詰めていくと視聴率が低下してデモまで起こされた某テレビ局みたいになるよ。

まあ、そういうわけで私はブログ上では自分のオピニオン記事をばんばん書いていこうと思う。

私に期待されているのはおそらくそれだろうし、少なくとも自分が他人のブログで読みたくなる記事はオピニオン記事なので。

スポンサーリンク
格安スマホの相談に乗ります。