就職活動すべてをネットでできる時代だということに今さら気づいた

スポンサーリンク
Pocket

ゴールデンウィーク真っ盛りである。

にもかかわらず本日は久しぶりにブログ熱がわいてきたので部屋にこもって2本目を書く。ネタに困るときがあるとはいえ、やっぱりブログで自分の意見を書きなぐるのは実に楽しい。

世間の人々がぐうたら寝たり、遊んでリアルを充実させている時に仕事をする個人事業主の鏡だと我ながら思う。

ほどよく自画自賛も済んだところで、2本目のネタも1本目同様に就職活動ネタである。

スポンサーリンク

今は就職活動全てをネットでできるんじゃないの?

keyboard-886462_640

本日1本目の記事にて就職面接の志望動機の無意味さをボロクソに書いたところであるが、記事を書いている途中でふと思ったことがある。

それは「就活で会社訪問しないといけない時代じゃないのでは?」もっと言えば「やろうと思えば就活すべてをネット上で完結することって普通にできるんじゃないの?」ってことである。

私が大学時代に就活していた時期からもう6年以上経つというのに、大学生の就活であったり社会人の転職活動のやり方はほとんど変わっていない。

就活だろうと転職活動だろうといまだに次のようなプロセスを経て行われる。

①自己分析だとか業界研究だとか無駄な努力をして自分に合っていると思われる業種、職種、会社をピックアップする。

②エントリーシート、履歴書、職務経歴書などの応募書類を作って応募先企業に提出する。

③書類選考が通ったら面接。心にもないことをつらつらと述べる。それを2回3回くらいこなす。企業によってはグループディスカッションという茶番をこなす。

④内定が不採用が決定される。

多少の差はあれど業種職種関係なく、上記のプロセスで就活や転職活動は行われているはずだ。

こうやって並べてみると全部ネット上で完結できることに気づいてしまったのだ。

①はもう言うまでもなく昨今はネットで自分で情報を集める力が求められる時代だし、日本国民ほぼすべてがパソコンやスマホ等でネットに接続できるんだからネット上で完結できることは書くまでもない。

②もエントリーシートや履歴書、職務経歴書をパソコンで作成してメールで送ればいいだけの話である。わざわざ切手を購入して郵送させたり会社に持ってこさせるなど論外。

③面接はさすがに会社に行かないと無理だろうと思っている人は多いだろうが、スカイプでビデオ通話なんて無料でいくらでもできる。

やる意味がいまだに理解できないグループディスカッションだってグーグルハングアウトを使えばいいだけの話である。これも無料でアカウントを作れば使える。知らなければググれ。

つまり就職活動にしろ転職活動にしろ、今は完全にネットで完結させることができるのだ。

就活・転職活動で応募者にかかるコストを会社は軽く見過ぎだろう

ネット上で就活・転職活動を完結させることは応募者にかかるコストを減らす意味でも大変有意義である。

最近になって問題として少し取り上げられるようになったが、学生の就活や社会人の転職活動にかかるコストに対する問題意識がまだまだ低すぎる。

私は出身の奈良を軸に関西でしか就活をしていないが、私の2つ下くらいからは東京大阪関係なく就活していた。

すると当然交通費やら宿泊代やらかかってくる。

結構な金額になるにもかかわらず、応募先企業が出してくれることはまずないし就活実績を外部にアピールしたがる大学ですらろくに援助しない。

定職に就けよ~大企業や公務員に就職しろよ~と学生に圧力をかけておきながらそこで発生する時間的コストやお金については一切負担しないのだ。

これからもそういったコストを負担するつもりが全くないのであれば、いっそネット上で就活や転職活動を完結させる方向に持っていけばいいのではないかと思う。

企業側だってわざわざ応募者を迎え入れるために会場を用意したり、人員を割いたりするコストは結構なものだろう。

スーツにしてもクリーニングしないとしわくちゃで面接に出向くわけにもいかないし、例えば土日祝日に面接をするのであればその分人件費も余計にかかってくる。

コスト意識を持てだとかそんなことを社員に言うならまず採用段階から見直せと思う。

もっといえばバカみたいに会社の応募者に時間的コストや金銭的コストを負担させておきながら何言ってんの?と思う。

自分たちの親世代くらいなら何言ってんだこいつと思われるだろうが、現代はやろうと思えばネットで就活・転職活動さえ完結させることが出来るのだ。

単にやる気がないだけ、変化する気がないだけで無駄なコストを垂れ流しているのだ。

バイトの応募すらとりあえず会社面接来て下さいとか平気で言う。その分の時間的コストや金銭コストを少しは考えろよと思う。

少なくとも不採用ならばその分のコストくらい払えと。

こうゆうことを書くと、やれパソコン持ってない人はどうすればいいんだとかいう人もいるだろう。

普通に買えよと思う。

今やパソコンは新品でも大してスペックを求めなければ普通に3万円切るくらいまで値段が下がっている。

そこをケチってみんな持ってるからと10万円近い値段のするオーバースペックなスマホを分割ローンで購入しているのが不思議である。

この記事を読んでいる会社の人事部の方、多分いないと思うがもし読んでいたらネットで就活や転職活動を完結させるシステムを作ってみてはどうだろうか。

それだけでもかなりの企業としての宣伝効果があると思うのだが。

ちょっとはみんな考えて行動したらどうかと思う。

というわけで企業の皆さん就活・転職活動をネット完結させるアイデアいかがでしょうか?