スポンサーリンク

ワードプレスのテンプレートは結局simplicityが最強と考える2つの理由。

Pocket

-shared-img-thumb-PAK85_notepc20150319202127_TP_V

ここ最近、サーバーを変えたことをきっかけにワードプレスのブログテンプレートを変えようと様々なテンプレートをダウンロードしては試してきた。

タイミングによってはしょっちゅうテンプレートが変わっていたことだと思う。普段読んでくれている人がいるのかどうかわからないがとりあえず謝罪。

さて、様々なテンプレートを試した結果、元々使っていたsimplicityが最強だという結論にたどりついた。

私がワードプレスのテンプレートはsimplicityが最強だと考える大きな理由を2つ書いていく。

スポンサーリンク

文字がデフォルトで読みやすい大きさになっている

一つ目はこれである。

ワードプレスでブログを書く上で、SEO対策がしっかりなされていたり見やすくてかっこいいレイアウトになっているテンプレートは実はかなり充実している。

有名どころだけでもstingerやaffinger、micata、マテリアル、Xeory、そしてsimplicityなどなど。

正直どのテンプレートを使っても特に支障はない。

ただ、私としては簡単にカスタマイズできたり大して手を加えなくてもデフォルトで満足できる表示になるテンプレートが良いのだ。

simplicityは文字がデフォルトで読みやすい大きさになっている。

たかが文字の大きさでと思われる人もいるだろうが、どれだけテンプレートが見やすくてかっこよくても記事の内容がよくても文字が読みにくければそれだけで人が離れていくものなのだ。

スマホやタブレットだったら自由に画像や文字を大きくしたり小さくできるが、私だったらそんなことをするくらいならそっと画面を閉じる。

第一印象でパッと見て読みやすいかどうか、これはかなり重要なのである。

stingerなんかはデザインがかっこいいし、SEOにも優れているのだがいかんせんデフォルトの文字の大きさがかなり小さい。

そんなもん調整すればいいだろうと思われるだろうが、それ自体がめんどくさいからしたくないのだ。コードいじらないといけないし。

ワードプレスはプラグインを入れたり、ウィジェットをいじる程度以上のカスタマイズは面倒なのでしたくないのである。そんな労力は良記事を書くほうに回したい。

それを考えるとデフォルトの文字の大きさが読みやすい大きさに最初から設定されているsimplicityは他のテンプレートに比べてそれだけでリードしているのだ。

記事下をウィジェットでカスタマイズできる。

2つめはこれである。

これが私がワードプレスのテンプレートでsimplicityを推す最大の理由である。

実は先に挙げた超有名どころのテンプレートには共通して致命的な欠点がある。

それは「ウィジェットだけでカスタマイズしづらい」ということである。

実際にテンプレートをダウンロードしてウィジェット画面を見てもらえればわかるが一応画像を貼っておく。

stingerの場合

stinger7ウィジェット

simplicityの場合

simplicityウィジェット

違いは一目瞭然である。圧倒的にsimplicityのほうがウィジェットだけでカスタマイズできる領域が多いのだ。

ウィジェットだけでsimplicityは十分すぎるほどカスタマイズできるのである。

stingerをはじめ多くのテンプレートはサイドバーがメインでカスタマイズできるようにしかなっておらず投稿記事の上下にウィジェットを入れてカスタマイズということがほぼ不可能である。

simplicityなら例えば記事の上下にウィジェットを入れてカスタマイズすることが容易にできるのだ。

最近言われていることだがサイドバーにいくら広告を貼ったとしても、記事を読んでからサイドバーに目をやって読んでもらうことはなかなか難しい。

simplicityなら記事の上下に例えば広告を入れたウィジェットを入れることができるのである。他のテンプレートでこれが出来るものは今のところ私は見つけることが出来ていない。

ウィジェットだけでカスタマイズできる領域が他のテンプレートに比べて圧倒的に多い。これがsimplicityが最強のテンプレートだと考える最大の理由である。

まとめ

これからワードプレスでブログを書こうと思っている人にはぜひともsimplicityをすすめたい。

CSSなどをいじることなく、ウィジェットをいじるだけで簡単に自分好みにカスタマイズできるのである。

かなり有名なテンプレートなので分からないことがあれば検索すればさまざまなカスタマイズ例が出てくることや国産テンプレートであることも心強い。

以下のリンクからsimplicityのダウンロードサイトに飛ぶので気になった人は一度チェックしてみて導入の可否を決めてほしいと思う。

simplicityのダウンロードページはこちらから