元駅員も知らなかった!!「きっぷ」と「切符」のちがいを知っていますか?

Pocket

元駅員だがこれは知らなかった。

「きっぷ」と「切符」の違いを知っていますか

スポンサーリンク




きっぷと切符には実は明確なちがいがある

JRのみどりの窓口では「きっぷうりば」とひらがなで表記されている。

なぜ切符ではだめなのか。きっぷと切符には違いがあるのか。

この疑問に明確にこの記事は答えてくれている。

以下引用。

■ 単に「漢字かひらがなか」ではない

私の疑問は解決されないまま、次の日を迎えた。私は旅客営業制度を勉強するため、教科書を開いた。ここでも「きっぷ」はひらがな表記されていた。しかも、何故か「切符」という漢字が使われている箇所もある。
私の疑問はますます深まった。

気になって仕方なくなり、調べてみた。すると、そこには面白い理由があった。

 なんと、旅客営業制度上では、「切符」と「きっぷ」は全く別物だったのだ。

私たちが日頃使っている「切符」は、正しくは「きっぷ」である。JRでは、この2つを明確に使い分けている。「きっぷ」は旅客営業制度上、正式には「乗車券類」という。「乗車券」や「急行券」「寝台券」「グリーン券」等のことをまとめて「乗車券類」というのだ。

では、「切符」とはいったい何なのか。実は、JRでは「切符」というものも存在する。それは、旅客関係以外で現金を収受する時や、内部帳票のようなものに使われる。

これだけだと鉄道に全然詳しくない人だと分からないかもしれない。

例えば、手回り品切符だ。車内へは、縦・横・高さの合計が250㎝以内で、重さが30㎏以内のものを2個までしか無料で持ち込めない。大きさや重さが、これを超えるものを持ち込みたい場合や、ペット同伴の場合は、手回り品切符を280円で購入すれば、車内へ持ち込める。

つまり、列車に動物を持ちこむ際に発行する手回り品切符は厳密に言えば乗車券類ではないので「きっぷ」ではなく「切符」と表記するというのだ。

これを読んで確かに手回り品切符は「きっぷ」と表記していなかったなと今更ながら思い出した。

他にも鉄道会社は忘れ物の特徴等を記載したタグを忘れ物につけて管理するのだが、これも「遺失物切符」で「遺失物きっぷ」ではない。

わたしたちが普段購入する乗車券や特急券、グリーン券などは「きっぷ」で乗客に直接関係しないものは「切符」なのだ。

なぜわざわざ「きっぷ」という表記にしたのか

ではなぜ一般的に乗客が購入する乗車券や特急券などを「きっぷ」と表記するようになったのか。

「乗車券類売り場」と表記すれば良いのだが、一般的に「乗車券類」という言葉が世間に浸透していない。乗客にはなんとも不親切な表記だ。「切符」という言葉を使うのがベストだろう。

だが、漢字表記にしてしまうと、全く別の意味になってしまう。やはり「切符売り場」と表記したいが、これでは「乗車券類売り場」ではなくなってしまうのだ。旅客営業制度上、正しくない事は表記できない。そこで、たどり着いたのが「きっぷ」というひらがな表記なのだ。

確かに乗車券類売り場という表記は一般の人からすればかなり不親切に感じる。

駅員の世界ではそれこそ「運賃」「料金」の違いですら明確に区別している。

運賃はその鉄道会社を使って移動する際に最低限かかるお金のことで、料金は特急料金やグリーン料金など速さや快適さといったサービスに対して支払うお金のこととされている。

旅客営業制度はそこまで細かく規定されているのだ。

規定通りにいくと「乗車券類売り場」で大正解なのだが、なじみがない。

かといって「切符売り場」にすると手回り品切符や遺失物切符しか取り扱っていない場所になってしまう。

悩んだ末に「きっぷうりば」という何とも優しい表記になったのだ。

JRは全国規模なのでなおさらこういった知ると面白い制度やきまりがたくさんある。

JR時刻表の後ろのほうのピンクのページにこういった旅客営業制度について書かれているので機会があればぜひ読んでほしい。

スポンサーリンク