完璧主義で先送りするくらいなら完了主義を目指そうと思った話

Pocket

-shared-img-thumb-SEP_355215221321_TP_V

最近、読んではっとした記事を見つけました。

参考記事:完璧主義という麻痺状態(とそれを克服する方法)

完璧主義では何事も最初から完璧を求めてしまうので、下手なものは出せないと思いなかなか手を付けない結果全然物事が進まなくなりがちです。

そうならないためには「完璧」ではなく「完了」を目指そうという内容でした。

とりあえず完了する回数を増やせば物事は片付くし、試行錯誤の回数も増えるので結果として物事が上達するのです。

この記事を読んでいつもより良いブログを書こうとか仕事をしようとしてかえって時間がかかって、時間を費やした割には全然物事が前に進んでいない自分に気づくことが出来ました。

スポンサーリンク




とりあえず完成させることを第一に。

完璧から完了へと、思考の枠組みを変えることができたら、より多くのことを達成できるはずです。

完璧にタスクをこなすことを気にせずに、ただタスクを終わらせることを意識してください。完璧の追求は、先延ばしや逃避につながるのがオチです。

完了を目指せば、ものごとが進みます。正しいか間違っているかは問題ではありません。大事なのは、コンスタントに動き続けること、ビジネスを前に進めることです。

完璧にやろうとしたらどうしても時間がかかるし、その上ああでもないこうでもないと悩んで結局何も前進しないということが私自身を振り返っても多々あります。

ブログ記事を書こうにもネタがない、あるけどうまくまとめられない、そうこう悩んでいるうちに時間だけが虚しく過ぎて何も出来なかった時間だけが生れるっていう。

ブログ記事が書けない、良いまとめ方が思い浮かばないと悩んでいるときは実は完璧を目指しているんだなとつくづく思います。

どうしてもブログネタが思い浮かばなかったり、うまいまとめ方が思い浮かばなかったりすればその場を離れて体を動かしたり、積ん読してある本を読むとか。

限られた時間の中で一つでも多くの物事を完了させることを第一にすれば、結果として充実した時間を過ごせてなおかつ試行錯誤の回数も増えるので結果完璧に近づくのだと私は理解しました。

この方法は、私だけでなく、数えきれないほどの友人や起業家にも効果を発揮しています。完璧なアイデア、プロセス、ビジネスなんて存在しません。それらを追求するほど、罠にはまり、恐怖を感じ、何ひとつ完了できなくなってしまいます。

それよりも、優先順位を考え直してください。思考の枠組みを改めるのです。目の前の道に集中して、何を完了できるかを主眼において決断を下していけば、少しずつ歩みを進めることができるでしょう。

私自身は完璧主義であるとは全く思ったことはなかったのですが、記事を読んで無意識のうちに完璧を目指していてその結果時間を無駄にしていることに気づかされました。

やりたいこと、やらないといけないことがたくさんあるのに片付かないのは何事も完璧を目指しているからでした。

完璧なブログ記事を書こう、せっかく買った本を無駄にしないために一回の読書で全部頭に入れようといった意識が頭のどこかにあったんですね。

そういうわけでこの記事も完璧とは程遠い文章ではありますが、一つでも多く完了させることを最優先にしたいと思うので、このままリリースして締めさせていただきますwww。

完璧主義という麻痺状態(とそれを克服する方法)

スポンサーリンク