個人事業主はそれ自体が仕事だってことが全然理解されていない。

Pocket

ある人から私は一体何の仕事をしているのか聞かれたんですよ。

聞かれたんでファイナンシャルプランナーとしてお金に関係する記事書いたり、有料記事書いたりブログ書いたりしてることを伝えても、いまいちよく分からんって顔をされまして。

別に分からんでもいいんですけど。

その時に思ったツイートがこちら。

おそらくね、おそらくですよ。フリーランスであってもサラリーマンと同じように一つの仕事しかやってないんだろって思われてたんでしょうね。

大間違いですから。それ。

大体、なんで一つの仕事しかしてないって当たり前のように思っているのか理解に苦しみますね。

世の中にある会社だってたいてい一つの会社で複数事業やってるのが当たり前ですよ。

だって一つの事業ばっかり注力して、それがおじゃんになったらそれで一巻の終わりですから。

個人事業主だってそうですよ。

個人事業主自体が仕事なんです。

別に他人に仕事内容を分かってもらう必要はないんです。面白そうなこと、お金が稼げそうなことは片っ端から手を付けていくのが個人事業主です。

税務署ですら個人事業開業届出しに行ったとき、かなりあいまいな仕事内容を記載してましたが詳しく聞いてきませんでしたよ。

個人事業主である私に仕事内容について根掘り葉掘り聞いてくるとか、あんたは税務署以上にえらいんかって話ですよ。

何なんでしょうね。個人事業主とかフリーランスよりもどこかの会社で正社員として働いている方が偉いって風潮は。

自分で事業起こしてお金儲けしている人間より、他人に従属している方が偉いんかいって話ですわ。

自分の力でどんどん行動起こしていく人間のほうが偉いに決まってんだろうって。サラリーマンなんて戦後数十年の歴史しかありませんがな。

しかも非正規雇用と正社員の差が縮まってどんどんサラリーマンという生き方は崩壊しつつあるし。もともと人間本来の働き方じゃないからちょっと人口が変動したり社会が変わったら体制が維持できなくなる。

これからはホント一億総経営者社会になっていって正社員で終身雇用のサラリーマンなんて公務員とよっぽどの大企業以外いなくなりますよ。

いつまでも他人が作った会社のもとで働くのが良いなんて思ってたらあっという間に淘汰されます。

今はネットがあるから簡単に事業起こせますよ。BASEでネットショップ開いてもいいしnoteで今まで生きてきて身に着けた知識や経験を有料記事にして売ることもできます。

正直複数の仕事をやっていて何をして生きているのか分からない人はこれからどんどん増えていきます。

いつまでも他人にやってる仕事なんて聞いている暇があるなら、少しは自分で仕事を作ってみろって話です。