スポンサーリンク

誰にとっても優良企業なんて存在しない。

Pocket

ブラック企業の問題がどんどんクローズアップされると相対的に、コンプライアンスが徹底されていたり働きやすい職場を形成している「優良企業」を求めて人々が動きます。

しかし世間のすべての人々にとっての「優良企業」というのは存在しません。

スポンサーリンク

儲かっている会社が優良企業?

転職サイトや転職エージェントでは儲かっている会社を一様に「優良企業」として宣伝しています。

たしかに会社というのは利益を生み出し続けていくことを目指すシステムですから、利益を出して儲かっている会社は確かに「優良企業」です。

しかし、儲けるために違法な業務をしていたり労働法も守らないで従業員をこき使っていたり人間関係がクソだったらどうでしょうか。

世の中の人から見れば「優良企業」ではなく「ブラック企業」と判断するでしょう。

世の中の人の見方からすれば優良企業というのは働きやすくて、お給料がたくさんもらえる企業のことなのです。

ここでズレが生じます。

本来ならば利益を出して儲かっている会社が優良企業のはずなのに、世間でいう優良企業とは働きやすくてお給料がたくさんもらえる会社の事なのです。

利益をたくさん出していても、どれだけ儲かっていても働く環境がクソだったり、従業員の給料が安ければ世の中の人たちは優良企業という評価をしません。

かといって大して利益を出さず儲かってもおらず、会社としては落第点であっても働く環境が良かったり給料が高ければ世の中の人たちはその企業を優良企業と評価します。

このことから、会社経営者だろうと従業員だろうと誰の目から見ても「優良企業」と判断できる会社は存在しないということがわかります。

だから優良企業を探し求めるのは無駄。

ブラック企業に苦しんでいる人はどこかに働く環境が整備されていて給料も良い優良企業がどこかにあるはずだと考えがちです。

しかし、優良企業(ホワイト企業)だと誰が見ても思える企業なんてのは存在しないのです。つまり探すだけ無駄なんです。

どこの会社であっても一方の側面から見れば優良であっても、もう一方の側面から見ればブラックな側面というのがあります。

完璧な人間がいないように完璧な会社も存在しません。

それなのに非の打ちどころのない、自分にとって何の不満もなく働ける優良企業があると思って就職・転職活動をする人の多いこと。

もし、今現在自分にとって何の不満もなく働ける環境を求めて就職・転職活動をしていたり会社を辞めることを考えているのであれば今一度、完璧な優良企業など存在しないという当たり前のことを考えてみましょう。

そうでないといつまでもありもしない幻想を追いかける羽目になりますよ。

アナタにとって必ず役立つ転職支援サービス一覧

リクルートキャリア【就職Shop】

面接確約!転職するならMIIDAS(ミーダス)!

転職エージェント・ワークポート