これから鉄道業界を目指す人に言いたい2つのこと

スポンサーリンク
Pocket

いるのかどうかわかりませんが、これから就職・転職活動で鉄道業界に入りたいと考えている人に2つ言いたいことがあります。

一つは鉄道業界において鉄道マニアはマイノリティでむしろ嫌われる傾向にあること、二つ目は鉄道業界というのは上下関係の厳しい体育会系の世界であることです。

スポンサーリンク

鉄道マニアは基本的に採用されない

track-930105_640

あまり世間では知られていませんが、鉄道業界に鉄道マニアはほとんどいません。

まあ、たまにはいますが少数派です。もっと言えば入社前から鉄道マニアなのではなく入社後に鉄道の魅力に気づいてマニア化した人ばかりです。

世間の鉄道業界に対するイメージというのは、子供のころから鉄道が大好きな人が運よく夢をかなえている業界というものでしょうが、大間違いです。

むしろ、一般人以上に鉄道を知らない人あるいはそれほど好きでない人ばかりです。

なぜそうなるのか。

それは鉄道会社は「鉄道マニア」を意図的に排除する傾向にあるからです。

鉄道会社で仕事をする際にマニアックな知識は必要とされません。

「鉄道マニア」的な知識と鉄道会社において業務を行うのに必要な知識というのは全く別モノなのです。

つまり鉄道マニアだからと言って鉄道会社ですんなり業務になじんで戦力になるかと言えばそうはなりません。

それどころか、鉄道マニアは公私混同して例えば備品を盗んだりとかする危険があるとさえ鉄道会社に思われています。

ただでさえ、鉄道マニアは独特なこだわりがあって従業員として扱いにくいとも思われているので、面接時などで明らかにマニアと分かる人は排除する傾向にあるのです。

某私鉄においては正社員登用試験に鉄道マニアでないと答えられない問題があり、それに正解してしまうとどれだけ成績が良くても不採用になるという噂を聞くほどです。

なので、実際に鉄道会社に入ってみたら鉄道好きが全然おらず入社動機を聞いてみたら「大手で安定しているから」なんていうつまらない回答が返ってくるのです。

これはこれで弊害があるでしょうが、鉄道マニアを採用することによるリスクを考えたら鉄道会社はマニアを排除する方がまだましと考えています。

よって、鉄道が好きだからと言って鉄道会社に入りやすいとかそんなことは全くありませんしむしろマイナスにさえなります。

どうしても鉄道会社に入りたければ「公共交通機関を支える力になりたい」とか「鉄道事業に関わることで地域社会に貢献したい」といったような、鉄道マニアをアピールしない方向で志望動機を伝えましょう。

鉄道会社に鉄道マニアや鉄道好きをアピールしたところで自分を不採用にしてくれというマイナスアピールにしかなりません。

鉄道会社の上下関係は厳しい

parade-182505_640

2つめには鉄道会社の上下関係はかなり厳しいということです。

昨今、鉄道会社は人件費削減のために正社員雇用よりも時給制の契約社員を増やしています。

正社員登用を餌に人を集めていますが、正社員登用試験に通るのは実はかなり難しいです。その上、正社員登用試験の受験資格を得る前に厳しい労働環境で辞めていく人が後を絶ちません。

鉄道会社の上下関係は年齢ではなく役職です。

年上の契約社員よりも年下の正社員の方が身分は上です。

なので中途採用で鉄道会社に契約社員として入社すると、当然のごとく年下の新卒入社の正社員にボロカスに扱われます。

それこそ大卒が高卒にこき使われるなんてことは日常茶飯事です。鉄道業界はいまだに高卒が幅を利かせている業界なので。

それに耐えられるかどうかですね、鉄道業界で生き延びて行けるかどうかってのは。

年下の高卒社員にタメ口でボロカスに扱われても鉄道業界で生きて行きたいという覚悟がない限りは、鉄道業界への就職・転職は辞めておくべきですね。それがなければ履歴書を汚す結果にしかならないです。

まとめ

まとめると

・鉄道会社では鉄道マニアや鉄道好きはマイノリティである。

・なぜなら業務において必要のない知識ばかりでは使い物にならないし公私混同する可能性があるから。

・また鉄道業界は高卒社員がいまだに幅を利かせている業界なので、大卒で契約社員として中途採用されるとタメ口でボロカスな扱いを受ける。

・よっぽど強い意志でもない限り、鉄道会社に新卒以外で入社するのは辞めるべき。

と言ったところですね。

鉄道会社じゃなくても大手で安定した企業なんて言うのは世の中に掃いて捨てるほどあります。

自営業ならともかく、サラリーマンとして働くならば「好きを仕事に」なんていう甘言にだまされないであくまで現実的にモノを考えましょう。それが就職・転職成功の近道です。