久しぶりに東京に行ったら電車で消耗した話

Pocket

昨日、久しぶりに東京へ行きました。

1年ぶりくらいの東京なのでワクワクしながら行ったのですが、知らないうちに田舎暮らしの感覚になっていたらしく「まだ東京で消耗してるの?」という言葉通り消耗する結果となりました。

東京へ行ったこと自体は楽しかったのですが、鉄道でやたら消耗する結果となりました。なぜ鉄道で消耗する結果となったのか以下で書いていきます。

スポンサーリンク




大阪ですでに鉄道で消耗していた

今回東京へ向かうのに大阪駅で停車する寝台特急サンライズ瀬戸・出雲号を利用しました。

その道中、2年ぶりくらいに大阪環状線に乗ったんですが、上記のツイートのように関西ですでに消耗する結果となったのです。

知らないうちに田舎暮らしの感覚に戻っていたのでしょう。

トラブルはまだ続きます。

そうなんですよ。東海道線の人身事故の影響で20分も遅れてサンライズ号が到着したんです。

0時34分出発のサンライズ号は20分以上遅れて大阪駅に到着しました。

普段22時くらいに寝ている身としてはただでさえ夜中0時まで起きるのがしんどいのに、強烈な眠さと寒さと戦いながら大阪駅でサンライズ号を待っていました。

待合室で待てばよかったじゃないかと思われるでしょうが、大阪駅でサンライズ号に乗る人はかなりいるので私が大阪駅に到着した時点ですでに待合室は人山盛りだったのです。

結果、大阪ってこんなに寒かったっけ?という気温の中眠気と戦いながら立ちっぱなしでサンライズ号を待つことになったのです。

出発前からかなり鉄道で消耗する結果となりました。

東京はもっと鉄道トラブルだらけ。

traveling-72151_640

出発が20分遅れで終点の東京には48分遅れで到着しました。

しかし、鉄道トラブルはまだ続くのです。

東京に到着した時点で山手線が線路内立ち入りの影響で遅れていました。

その時点でしらけるのに、私が乗っていた山手線の電車も2度目の線路内立ち入りとやらで走行中非常ブレーキがかかり車内でこけそうになりました。

東京の人は鉄道の線路内に関係者以外入ってはいけないという事すら知らないのかと思いましたね。

朝9時台ですでに2回も線路に人が立ち入っているんですから。

乗客は山盛りでなおかつ急ぎ足なのでぶつからないように歩くので消耗しましたし、駆け込み乗車に失敗した人にものすごい大きな舌打ちもされました。

ある駅で降りるときに結果として駆け込み乗車をしようとした人(同年代くらいの男)の進路を結果として邪魔してしまったのです。

それ自体は私が悪いのですが2、3分待てばやってくる山手線で電車に乗り遅れたくらいでなぜにあんな大きな舌打ちをされないといけないのかと大変気分が悪くなりましたね。

そんなギリギリの電車になんか乗るなよと思いました。

東京は電車に乗っているだけで本当に消耗しました。

帰りの新幹線車内でも後ろの人に「席倒していいですか?」と失礼のないように声掛けしたのに、ものっすごい不機嫌な声で「ああ?」と言われたり、前に座っていた2,3歳の子供が終始機嫌が悪くて車内でギャン泣きしていたりと新幹線ですら精神的に消耗しました。

滞在時間はたった1日だったのにこれだけ消耗するんですから、あんなところに住んでたらそりゃ心も荒みますね。

ほんと今回の東京旅行は鉄道で精神的に消耗する結果となりました。

まとめ

まとめると

・大阪でも東京でも人身事故や線路立ち入りという都市部特有の鉄道トラブルに巻き込まれた。

・東京旅行自体は楽しかったが、鉄道でかなり精神的に消耗する結果となった。

また今年度中に東京に行く用事があるんですよねえ。せめて大した鉄道トラブルに遭遇しないように今から願っておくばかりです。

スポンサーリンク