会社でお金を稼ぐことと自力でお金を稼ぐことは全く違う

Pocket

会社でお金を稼ぐことと、独立して自力でお金を稼ぐことは全く違うという話です。

スポンサーリンク

会社では自分の時間を売っている。

-shared-img-thumb-PASONAZ160306580I9A2225_TP_V

会社に就職して毎月決まった給料やボーナスがもらえるのは、従業員の時間に対する対価なのです。

こういったことを書くと、自分の能力やスキルを提供することでその対価として給料やボーナスをもらっているんだという反論が出てきそうです。

しかし、毎月の給料分ちゃんと働いてお金を生み出したと胸を張って言える人がどれくらいいるでしょうか。

例えば月収30万円の人がいるとして、今月は30万円分会社に利益をもたらしたからその分貰っていいんだと考える人がどれくらいいるでしょうか。

ほとんどいないですよね。

しかも会社においては利益を全く生み出さない部門というものが存在します。

営業職ならば外部で契約を取ってきたり、商品やサービスを売ることで直接的に会社に利益をもたらします。

しかし、会社内部で活動する経理職や総務職、人事職はどうでしょうか。会社内部で経理をしたり人事を考えたりすること自体でお金は発生しませんよね。

その仕事自体でお金を生み出すわけではないのに、ちゃんとお給料やボーナスがそういった内勤の人たちにも発生するわけです。

先ほど挙げた営業職にしても、結果が芳しくない人に対して全く給料を支払わないということもできませんよね。

ということは会社勤めにおいて自分の能力やスキルを提供してお金を稼いでいるのではなく、単に自分の時間を会社に売ることで対価を得ていると考えることができます。

もし、自分の能力やスキルを売ることで給料やボーナスを得ているんだと考えるならば会社勤めで月30万円稼いでいる人は、会社勤めを辞めて独立起業してもちゃんと毎月30万円稼げていないとおかしいですから。

でも実際はそうならないですよね。30万円どころか1円も稼げないことだってあり得ます。

独立起業は時給で計算できない生き方だ

-shared-img-thumb-PAK86_kakuteishinkokusuru20140312_TP_V

自分の能力やスキルを売ることで対価を得ていると言えるのは独立起業した場合だけです。

独立起業した場合はいくら時間を費やして働いていても、自分の提供するスキルや商品、サービスが売れない限り収入はゼロです。

サラリーマンのように時間を売っているわけではないからです。

本当に自分の力でお金を稼いでいるんだと言える姿だともいえます。

しかし、いくら働いても収入ゼロの場合もあれば全然時間を費やしていないのにボロ儲けできることもあります。

サラリーマンであればいくら仕事が出来なくても逆に仕事ができても給料というのはそこまで乱高下することはありません。

しかし、独立起業すると収入は乱高下するリスクが常にあります。時給で働いていないからですね。

つまりサラリーマンは時給で収入を得るけど、独立したら時給という概念は一切存在しないということなんです。純粋に自分の能力次第だと言えます。

毎月の給料を自分の実力と勘違いするな

-shared-img-thumb-S001_megane0220140830145944_TP_V

なぜこんなことを書いたのかというと、サラリーマンでそこそこ安定してお金を稼いでいるからと言って自分に同じくらいの価値があると勘違いしている人間が多いからです。

たまたま今勤めている会社があなたの時間をその値段で買っているだけの話なのに、自分の実力だと勘違いしちゃうんですね。

会社勤めで月収50万円稼いでいることが本当に自分の実力だとか価値だと考えると、どこの会社に転職しようがあるいは独立しようが月収50万円稼げていないとおかしいわけですよ。

でもそうはなりませんよね。会社勤めで月収50万円稼いでいるからと言って副業を始めたり、独立起業してすぐに50万円稼げるかといったらそんなことないですからね。

月に1万円稼ぐのだってやっとなはずですよ。嘘だと思うなら今すぐにでもチャレンジしてみて下さいな。

つまり結局のところ、会社から月収50万円もらっていたとしてもそれは今勤めている会社があなたの時間を月50万円で買っているだけの話であって、必ずしも自分の実力や能力で稼いでいるわけではないということです。

まとめ

そういうわけでまとめると

・会社勤めでお金を稼ぐのと独立起業してお金を稼ぐのは全く違う。

・なぜなら会社勤めは時間を売って対価を得ているのに対し、独立起業は自分の能力やスキルを売ることでしか対価を得られないから。

・サラリーマンが月収50万円稼いでいても、単に時間を売ってお金にしているだけだから自分にその実力があると勘違いしてはいけない。

ということです。

サラリーマンお父さんが家族に「誰のおかげで飯が食えていると思ってるんだ」と言ったら「会社が時間を買ってくれているからでしょ」と返しましょうwww。

サラリーマンの方は会社が時間を買ってくれているだけだということを自覚しましょう。「こんな自分でも会社が自分の時間を買ってくれるおかげでお給料がもらえるんだ」と思ったら多少は仕事があることに感謝することが出来るはずですよ。

役立つ転職支援サービス一覧

市場価値診断ならMIIDAS(ミーダス)!

若いスタッフのきめ細かな対応が評判のワークポート

リクルートキャリア【就職Shop】