スポンサーリンク

意外に知らない?自分の給料が最低賃金以下じゃないか調べてみよう

Pocket

money-515058_640 (1)

ボーナスをもらう時期は自分のお金に関して考える良い機会です。

もしかすると自分の給料は最低賃金を下回っているかもしれません。

この機会に自分の給料が最低賃金に照らして適正かどうか調べることをおススメします。

スポンサーリンク

最低賃金に達しない給料は強制的に変更されます。

sport-659224_640

知らない人もいるかと思いますので最低賃金制度について説明していきます。

日本においては、都道府県ごとに最低賃金というものが定められています。

これは最低賃金法という法律にのっとって、正社員だろうが非正規雇用であろうが最低これだけの給料は支払いなさいよという強制力を持っています。

参考サイト:必ずチェック最低賃金

もし事業者が従業員に対して最低賃金より低い給料しか支払っていない場合は、その差額をただちに従業員に支払わなければいけませんし、支払わない場合は50万円以下の罰金に処せられます。

この最低賃金というのは都道府県別に異なった金額が定められています。なんぜ地域によって物価は異なりますのでその地域の現状に即した最低賃金になっているわけですね。

特定の業種以外はなんの業種であろうと、また会社においてどういった立場であろうと都道府県別に定められた最低賃金以上の給料を従業員に支払わなければいけません。

最低賃金の計算方法はいたって簡単です。給料を働いた時間で割ればいいだけです。

詳しくは厚生労働省の特設サイトを見て下さい。

参考サイト:最低賃金のチェック方法は?

ハローワークですら見逃している最低賃金違反がある

wood-1076712_640

最低賃金は自ら計算して必ずチェックしましょう。

事業者やハローワークを過信してはいけません。

なぜなら最低賃金というのはずっと一定ではなく、常に改定されるものだからです。

以前の最低賃金はクリアしているけど、改定後の最低賃金はクリアしていないということは往々にしてあります。

最近だと今年の10月に全国すべての都道府県の最低賃金が改定されています。

参考記事:最低賃金全国一覧

例を出すと、今年の10月よりも前に最低賃金に合わせて給料を設定したまま今もハローワークに求人を出し続けているといったことは十分あり得ますね。

あるいは事業者も最低賃金の改定に気づかなかったり。

探してみると「あれ、これって最低賃金未満じゃない?」という求人や待遇は実は結構あるのです。

ちなみにこの最低賃金を計算するうえで毎月貰っている交通費、時間外手当や深夜手当、ボーナスなどは計算に含みません。これらを含めれば最低賃金をクリアしていますっていうことを避けるためですね。

参考記事:対象となる賃金は?

それらをのぞいた基本給を働いた時間で割ってその金額が最低賃金を上回っているか下回っているかを見ましょう。

自分の給料少ないなあと思っていたら実は最低賃金を下回っていたというのは、思っている以上にあります。ボーナスをもらって自分の給料について考える機会がある今チェックしてみることをおススメします。

参考サイト:最低賃金制度

スポンサーリンク