大学がつまらないというのは実は大問題だと認識すべき

Pocket

university-686150_640

毎日、どの記事が多く読まれているのかチェックしているのですが、ダントツで読まれている記事がこれです。

参考記事:大学生活がつまらない?つまらなくて当たり前です。

かつて私が過ごした大学生活を思い出して何となく適当に書いたのですが、思いのほか読まれていて私と同じように大学がつまらないと思っている人がこんなにいるんだと驚いています。

その一方で大学がつまらないと感じてしまうのは大問題なのではないかと最近思うようになってきました。

スポンサーリンク




大学に入学するために時間も手間もお金もかけている

female-702961_640

なぜ、大学がつまらないと感じてしまうことが大問題なのか。

それは大学に入学するということのために多くの時間と手間、そして高額なお金がかかっているからです。

そんなのわかってるわという声が聞こえてきそうですが、意外とこの事実を皆さんしっかり認識していないと思います。

よく考えてみて下さい。

誰でもお金出せば入学できるレベルの大学ならともかく、たいていの人は志望大学に合格するために1年は時間を費やして勉強に励むのです。

人によっては志望大学に行くためだけに小学校からお受験したりするわけです。

お金ももちろんかかります。たいていの人は私立大学に行くでしょうから、年100万円前後かかります。

志望大学に合格するために予備校や塾に通ったり、通信講座を受けたりすることもあるでしょう。これらにもかなりのお金がかかってきます。

あまり皆さん意識してなかったでしょうが、大学の受験料もバカになりません。

私が受けた私立大学だと一回の受験料が3万5千円かかってました。3回も受験すればそれだけで10万円飛んでいくのです。

10万円ってがっつり1カ月間アルバイトしたときの給料とほぼ同じくらいですよ。それだけのお金が大学受験にかかっていたのです。

それだけの時間と手間、さらには高額なお金を費やしてやっとのことで大学進学を果たしたことを考えると、大学がつまらなく感じるというのはかなり大問題だということは明らかです。

つまり、多くの時間と手間、お金を投資して手に入れた大学生活がその投資に見合ったものになっていないことが大問題なのです。

大学でとにかく多くの人と触れ合う努力をしよう

graduation-879941_640

前回の大学生活がつまらない?つまらなくて当たり前です。の記事では大学以外、例えば旅行やアルバイトに楽しみや面白さを見出そうといった意見を書きました。

しかし、今になって考えてみるともっと大学そのものを楽しむ、面白さを見出そうとすべきだったなと我ながら反省しています。

先ほども書きましたが多くの時間と手間、お金を投資して大学に入学しているわけです。そうなると旅行やアルバイトもいいですが、大学そのもので元をとってやろうという気持ちがないとだめですよね。

私の場合、大学生活における人づきあいが極端にアルバイトに偏っていました。

大学では彼女や友達ができませんでしたし、また作ろうともしませんでした。ここは大いに反省すべき点です。

もっと大学内での人付き合いをしておくべきでしたね。

部活やサークルに入るのが手っ取り早いのですが、相性の問題もあるのでやっぱりそういった集団に頼らずに自分から人間関係を作っていく努力が必要ですね。

いや私は人見知りだからそんなの無理という言い訳は捨てましょう。人見知りの人は知らない人に話しかけたら死ぬのでしょうか、そんなことないですよね。

単に自分の心を固く閉ざしているだけなんですって。それで結果として大学で話をする友達がいないし、大学がつまらないなんて言うのはおかしいです。

自分が望んでそういった結果を引き寄せているのです。

部活やサークルに所属しなくても大学内で人間関係を構築する手段は結構あります。

大教室で隣に座った人に話しかけてみるとか、あるいは大学主催のイベントに積極的に参加してみるとか。

私の大学だけかもしれませんが10キロハイキングというイベントがありました。結局参加しませんでしたが、今考えると参加しとくべきだったなと後悔しています。

在学中はなぜか尖って学園祭には一度も足を運ばずにアルバイトに明け暮れてましたしねえ。つくづくもったいないことしたなと思っています。

今大学がつまらないと感じている人には、もう他人からいろいろ与えられる期間は終わったということを自覚してほしいですね。

自分の所属するクラスがあって、自分が座る席があって担任の先生が自分の面倒を見てくれる世界はもう終わったんです。

自分から行動を起こさないと何も変わりません。湯水のごとく時間とお金がつまらない大学生活に費やされていくだけです。

せっかく多くの時間と手間、お金を投資して大学生活をゲットしたのですから、元を取ってやるんだという気持ちが結果としてつまらない大学生活からの脱却につながるのではないでしょうか。