スポンサーリンク

情報や知識の量が経済的な影響を与える時代です。

Pocket

仕事しながらテレビを流していたら、通販番組でパソコンが紹介されていました。

かなり小さ目のノートパソコンだったのですが、ポケットwi-fi同時契約で19800円という値段で宣伝していたのです。

私はこれを見てつくづく、情報や知識を持っていない人を食い物にしているなと痛感したのです。

私は決してこの商品を紹介していた業者を批判するわけではありません。業者側もおそらく一人でも多くの人に自分が良いと思っている商品を紹介したいと思って紹介しているのでしょう。

しかし、情報を受け取る側はそれをそのまま鵜呑みにしてはいけないのです。自分から情報や知識を集めることが現代においてはかなり重要になってきています。

スポンサーリンク

人より少し多く情報や知識を集めれば簡単に差をつけられる

先ほど挙げたパソコンの話に戻すと、別にノートパソコンを購入するからと言って新たにポケットwi-fiを契約する必要はないのです。

ポケットwi-fiなんて電波の入り具合でかなり左右されますしね。

せっかく契約したのに全然自宅にwi-fiの電波が入らないなんて十分あり得ますよ。

それだったら事前に価格.comで光回線を特典付きで契約しておいて自宅にwi-fiを飛ばせばいいだけの話なのです。

何も3年もポケットwi-fiを契約する必要なんてないんです。

しかも商品紹介の終わり際にさらりと「3年以内の途中解約の場合は違約金8万円」っていう表示があったのを私は見逃していません。

ただ単に、ポケットwi-fiの通信費に上乗せして分割でノートパソコンを売っているだけなのです。それもトータルで見ればかなり高値で。   

このノートパソコンの例以外にも、ちょっと情報や知識があればそれは大損するだろうと気づくことが多々あります。

現代においては自ら情報や知識を集めないとこのノートパソコンのようにトータルで見ればかなりぼったくられる危険性があるということです。

積極的に自分から情報や知識を集めている人と、そうでない人の格差は今後もどんどん広がっていくでしょうね。