スポンサーリンク

資格は就職や転職に役立つのか?日商簿記2級に合格した私が書く。

Pocket

a0055_000850

就職や転職活動において希望する職種に就くために、あるいは内定を取りやすくするために資格の勉強をする人がたくさんいます。

しかし、実際に資格を取って就職や転職活動がうまくいくのでしょうか。

実際に「企業が求める資格ランキング1位」である日商簿記2級に合格した私が書いていきます。

スポンサーリンク

資格だけでは就職できません。当たり前です。

a0002_001015

断言します。資格だけで就職はできません。至極当たり前のことを言いました。ハイ終わり。

というわけにはいかないのでなぜ資格を取得しても就職や転職が有利にならないのかを2点に分けて説明します。

まず一つ目は、資格の勉強をしたからといって仕事の実務にはすぐには結び付かないからです。

机上の勉強と実践ではかなりの違いがあります。

実際に私は日商簿記2級を取り、株式会社で経理が出来るくらいのレベルなのですが(やったことないけど)それくらいの知識を持ってしても個人事業主の経理作業では壁にぶつかりまくっています。

日商簿記2級に事業主貸なんていう勘定科目はありませんでしたからねえ。

それに経費として計上する交通費も、実際に使った日ときっぷを購入した日にずれがあった場合どちらの日付で計上すべきかとか全然テキストに書いてなかったですし。

最大の違いは簿記試験においては正解がありますが、実務においては正解がないことなのです。

つまり経理作業をしている時点ではその処理が正解なのか間違っているのか全然分かりません。これが机上の勉強と実務の差ですね。

2つ目には企業が資格を持っているかよりも実務経験を重視することが挙げられます。

考えてみて下さい。新卒採用の時に経理職に就職した人はみんな簿記資格を持っていましたか?おそらくほとんどの人が持っていなかったはずです。

先ほどの話ともつながるのですが、別に経理職に就職するのに資格などいらないのです。

そして転職活動となった時には実務経験が重視され、資格はすずめの涙ほどにも重要視されません。

実際に私は日商簿記2級に合格したときにふざけ半分でワークポートに登録しましたが、実務経験がないということで経理職はすべて書類で落とされました。契約社員ですら不合格でしたよ。

企業が求める資格ランキング1位の日商簿記2級を持っていても実務経験がなければこのザマです。

資格の勉強以外の事に注力すべきだ

job-hunting-536802_640 (1)

今現在、就職や転職を有利に進めるべく資格の勉強に注力している人には今すぐそんなことは辞めてそれ以外の面に注力すべきですね。

例えば、見た目を整えるということですね。実際に見た目の良い人とそうじゃない人で就職試験を受けた結果、見た目の良い人ばかりが内定を独占していたって話も聞きましたし。

以前人は見た目が9割 (新潮新書)という本が話題になりましたが、結局人は見た目で判断されてしまうということなんです。

ということは見た目を磨けば資格よりもはるかに就職や転職に有利になるってことなんですよ。

そういうわけで就職や転職のために資格を勉強することに逃げている人はさっさと現実に目を向けて見た目を整えたり、読書を通じて語彙を増やしたりして資格以外の面に注力しましょう。

資格がなくたって十分に食べていけている人なんてごまんといますから。