実家の帰省には普通車指定席よりもグリーン席を取ろう

スポンサーリンク





berlin-630640_640

年末年始が迫ってきてそろそろ新幹線や在来線のきっぷをいつ取ろうかということを考え始める時期ですね。

たいていの人はゴールデンウィークやお盆、年末年始くらいしか実家に帰ることはないと思います。

めったに帰省しないのであれば思い切って、グリーン車を使って帰省することをおすすめします。

スポンサーリンク

普通車指定席が一番最初に売り切れる、いっそ最初からグリーン席を狙おう。

train-797072_640

駅員をしていたのでわかるのですが、年末年始などのいわゆる繁忙期において一番最初に売り切れるのは実は新幹線や在来線の普通車指定席なのです。

普通車指定席が売り切れてもグリーン席がまだ残っていることが多々あります。

いっそのこと最初からグリーン席を買いましょう。

グリーン席は高いから嫌だと思われるでしょうが、グリーン車の快適さは普通車指定席とは比べものにならないですよ。

繁忙期の普通車指定席は席が取れても結構窮屈な思いをします。

年末年始などの繁忙期は隣の席も当然埋まります。

普通車指定席はどうしても席が小さめなので、隣に人が座るだけで結構窮屈な思いをしてしまいます。

その点、グリーン車は座席が広いので隣に人が座っても全然窮屈さを感じません。

座席そのものも快適さを追求しているので、かなり快適に過ごすことが出来ます。

そんでこれは意外と知られていないのですが、新幹線やJR在来線特急のグリーン席と自由席は年間を通して同じ料金なのです。

時期によって料金が上下するのは普通車指定席だけです。とはいっても200円前後するだけなのですけどね。

繁忙期に自由席なんて論外だ

train-388253_640

一番最悪なのは切符を取り損ねたあげく、繁忙期に自由席で帰省することですね。

新幹線にしろ在来線特急にしろ、通勤電車のように乗客が立って移動することを前提に作っていません。

吊り革もありませんしね。デッキに立つか車内の座席にしがみつくかしかありません。

自由席で立って移動せざるを得ない人も気の毒ですが、運よく自由席に座れた人もトイレに立つこともできないのでこれまた大変です。

結果、移動で消耗することになるのです。

そうならないためには、最初からグリーン席を狙っていくか、どうしても予算的に厳しいのであれば早めに普通車指定席を取りに行くことですね。

私の経験だとどれだけ繁忙期でも1か月前や3週間前くらいなら、余裕で希望する座席が取れる印象があります。

出発日の2週間前あたりになるとぼつぼつ座席が売切れる列車が出てきますね。

新幹線だと3人席の真ん中しかなかったり家族バラバラで座席を取ることになったりします。

1週間前後になったら、もうどの列車を見ても座席がないなんて言う状況になってきます。

そういうわけで年末年始帰省を考えている人はすぐにでもきっぷを買いに行きましょう。

そんでたまにしか実家への帰省や旅行しないでしょうから、移動にはお金をかけましょう。グリーン席はホントおすすめですよ。

スポンサーリンク
格安スマホの相談に乗ります。