体育会系出身だけど理不尽に耐える能力が人生で必要だとは全く思えない

Pocket

就職活動や転職活動における面接で「圧迫面接」っていうのありますよね?

わざと厳しいことを言ったり応募者を全否定するようなことを言って理不尽に耐える能力があるかどうか見るっていう。

あれいらんだろと思うんですよね。

私はなんやかんやで30年近く生きてきましたけど、あの時理不尽に耐える能力があればとか理不尽に耐える能力があったからあの場面を乗り切れたなんて一度も思ったことないです。

スポンサーリンク




理不尽に耐える能力って全く必要ない

bsOZPA_appakumensetu (1)

私は中学高校と野球部に所属しておりまして、バリバリの体育会系出身者です。

それでも理不尽に耐える能力の必要性とか、それを鍛える必要性が心底理解できないです。

高校で部活していた時はまだましでしたが、中学時代の野球部はそりゃもう理不尽の嵐でしたよ。

監督が生徒に軟式球をガンガン体に投げつけながら怒鳴り散らしていたり、一人ずつ部室に呼ばれて先輩たちに囲まれ怒鳴られたりパイプいすを投げつけてきたりされましたからね。

そんでそういう経験をして現在まで生きてきましたけど、あの時の理不尽な経験が今につながっているとかあの経験のおかげで今があるなんて全く思えないですね。

正直なくていいものです。ただのいじめですし。

上記のようないわゆる「シゴキ」をしている人って本人はその人のことを思って仕方なくやってるんだとかよく言いますけど、単にストレス発散してるだけなんですって。無理やり思い込んで正当化しているだけです。

しかもその周囲の人間もなぜか暴力的な手段で指導する先生をやたら「厳しいけどいい先生だ」っていう評価をするんですよね。実際にそのことを言われて唖然としたのを覚えています。

それDVする夫を擁護する妻の典型的な言い分やないかと今になって思います。たまに殴ったり暴力をふるうけど普段は優しい人なんです悪い人じゃないんです的な。

どんな理由があろうと他人に暴力をふるう人で良い人なんていませんから。

そんな理屈が通るんなら世の中にいじめ問題とかパワハラなんて存在しないことになりますよ。そんでいじめを苦に自ら命を絶った人間が弱いのが悪いんだっていう恐ろしい論理につながります。

接客業なんかでは理不尽な言動をする客がいるから、理不尽に耐える能力がいるんじゃないのかという意見もあるでしょうが、そんな客普通に追い出したらええだけでしょ。

自分の事しか考えない、わけ分からんこと言う客に気を使うくらいなら大多数のまともな客に気を遣えって話です。

なんでお金もらってるからと言ってなんでもかんでもその人の言うことを聞かなアカンのでしょうか。

今現在就活や転職活動をしている人には「圧迫面接」をするような企業は100%やめとけと言いたいですね。まわりまわって応募者がその企業のお客様になることがあることを全く想像できない企業なんですから。

その場を乗り切って仮に入社しても理不尽の嵐ですよ。最終的にメンタルやられて退職させられますよ。

臥薪嘗胆の言葉の教えが理不尽に耐えることも大切だっていう考えにつながっているのでしょうが百害あって一利なしです。

そういうわけで理不尽に耐える能力なんて生きていく上で必要ない、その場を我慢できても近い将来精神やられてダウンするよっていう話でした。