就活は茶番。

Pocket

就活は茶番だとつくづく思う。会社と学生の化かし合い。

スポンサーリンク




就活で自分を追い込むこと必要など全くない

今現在就職活動をしている大学生の皆様。

内定がなかなか取れていない人は、相当あせっていることだろう。

すごい上から言っているように聞こえるかもしれないが、私自身リーマンショック直後のどうしようもない不景気の中、大学を卒業する年の3月にたった一社、それも休みほぼゼロの超ブラック新聞販売店から内定をようやくもらったクチである。

だから卒業が差し迫ってきているにもかかわらず、内定が全然取れないことに対する焦りやしんどさはよく分かる。

世間から存在を全否定されているかのようなしんどさ、食べていけないのではないかという不安、生きづらさに耐えかねて電車に飛び込む学生の気持ちは正直わからないでもない。

だからこそ言いたい。就活など茶番であると。

茶番なのだからそんなもので内定が取れない自分は無能なのだとか生きている価値はないのだなどと自分を追い込む必要は全くない。

むしろバカみたいに真剣に就活に取り組んでいる学生や、エントリーシートだのSPIだの自己PRだのグループディスカッションだので学生の能力や適性を測れると信じてやまない企業の採用担当を大いに笑ってやればいいと思う。

普通に考えたら、新卒の就活なんておかしなことだらけではないか。

就活はおかしなことだらけ。思考停止しないとやってられない

まず大学の就職課の言うことがおかしい。ここからしておかしい。

「好きなことを見つけてそれが出来る会社を探せ」と言ったと思えば「会社は好きなことをやらせてくれる場所ではない」なんて矛盾したことを真剣な顔で当たり前のように言う。

大学受験という人生の大イベントの一つを終えて無事大学に入学して息つく間もないときから、ガイダンスなどと称して学生を一同に集め就職につながる学生生活を送れとかぬかす。

大学生活をどう過ごすかなんて人それぞれが考えるべきものだし、そもそも中学高校ならまだしも大学において会社に就職する以外の生き方や進路を提示できないのがおかしい。

良い会社、大きいつぶれなさそうな会社に就職するために大学生活を送れなんて大学関係者が恥ずかしげもなく、よく言えたものだと思う。自ら大学の価値を宣伝することを放棄しているのと同じだし、大学はしょせん就職予備校ですって言っているようなもの。

そういった「就職につながる大学生活を送れ」なんていうアホな言葉を真に受けた「意識高い系」の学生は在学中から企業訪問して大学OBとコネを作ったり(まあコネを作ったつもりになっているだけなのだが)、インターンシップという名のタダ働きにせっせと勤しんだりしているわけだ。

大体、経団連のお偉いさん方が就活解禁を6月からとか8月からとか決めたところで、それまで学生が全く就活をしていないかと思ったら大間違い。

4回生にもなればエントリーシートやSPI、自己分析などに追われる。

私はその年齢を通り過ぎてきたから分かるけど、20年ちょっと生きてきたくらいで自分が何が好きなのかとか何が得意なのかとかそういったことが明確に分かっている人間なんてごく少数ではないか。

にも拘らず、自分はどういった人間で何が得意でこういった能力がありますと言ったことをたかが会社に就職するだけの事で無理やり「作らないと」いけないのだ。

企業が本格的に採用活動を始めたらもっと茶番である。

自己PRだのグループディスカッションだのそれが一体会社に入って活躍してくれるかどうかの判断にどう関係あんの?ということばかりだ。

そもそも一度も仕事したことがない学生が企業に対して何をアピールできるというのだろうか。

私は現在個人事業主という立場だが、新卒採用の面接をするとして学生が「私は〇〇の能力があります」だの「私は〇〇が得意なので御社の役に立てます」とか「私は〇〇の仕事が出来ます」なんて分かったような口で言おうものなら「うるせえ、ろくに仕事したことないくせに偉そうにいうんじゃねえ」と怒鳴り散らすことだろう。

ただでさえ茶番な就活対策としてより茶番な「就活塾」なんていうビジネスが流行っているらしい。お寺に入って滝行したりなんやら目標なんかを叫び倒したり。

ホント恥も外見もあったもんじゃないなと思う。

こんな茶番な就活で消耗するのは愚の骨頂

ここまで就活はなぜ茶番なのか、かつての私の心境も振り返りつつ書きなぐってきた。

これだけ現在の就活に毒づけばたいていの人は「そう言われれば確かにおかしいよね。」と考えるはずである。

そもそも就職という字をよく考えてみてほしい。

「職に就く」である。

なんで「職に就く」ということがみんな一斉に就活して卒業後これまた一斉に会社に就職することしかないのか、そこから疑わないといけない。

みんな一斉に就職活動しなくたって、友人知人ないしは身内に頼んでコネで就職してもいいし、自分で起業することだって「就職」である。

今やBASEココナラで簡単にネット上でモノやスキルを売ることが出来る。実際ネット上では全く知名度のない私でもモノやスキルをお金に変えることが出来た。

ホリエモンではないがネットによって自分で仕事を作っていくことに対するハードルはかなり低くなっているのだ。

就活で消耗していたら就活は茶番であるということをしっかりと思い出してほしいと思う。

会社に就職しなくてもお金を稼いで生きていく手段は、実はいくらでもあることも分かっていれば自分を不必要に追い込む必要は全くないはずだ。

就活は茶番だと分かったうえでもとりあえず会社に就職したいという人のための支援サイトは実は結構ある。自分が新卒で就活しているときにあれば今頃少しはましなサラリーマン生活を送っていたのだろうかとつくづく思う。

だから、就活で消耗する必要はないし就活なんて茶番だと認識したうえで気楽に就活してみてはどうだろうか。力を抜いて気楽にやった方が案外うまくいくこともある。不思議なもので力んでいるときはスポーツでも仕事でもなかなか結果が出ない。

どうしても気持ちが追い詰められたら、本を読むことをおススメする。知らないうちに自分がいかに思考停止していて、視野が狭くなっているかよく分かる。
ネット上でモノやサービスを売る経験をしてみてもいいと思う。

初期費用・月額利用料0円からはじめるネットショップ。専門知識不要