大学生活がつまらない?時間があるなら旅をせよ。

Pocket

大学生活がつまらない?つまらなくて当たり前です。の記事が思いのほか読まれているようです。

私もそうでしたが、世間一般で言われているリアルが充実した華やかな大学生活を送っているのはごく少数で、実は多くの学生が想像していたのと違う地味な学生生活とのギャップに苦しんでおられることがよくわかります。

ホント、私はどこを探してもドラマになるような華やかな楽しい大学生活とは無縁の学生生活を送っていましたね。

実家からの仕送りはなく自分の生活費を稼ぐために毎日朝5時起きでバイトに出かけて授業が終わったらまたバイト。

築30年超えの風呂なしアパートに住み、たまの楽しみが学生向けの安い食堂で700円の定食を食べてから銭湯に行くこと。

生活に追われる忙しい毎日で友人や恋人も全くできない生活。

あ、目から涙がwww。

そんなクソみたいなつまらねえ私の大学生活の中で、唯一と言ってもいいくらい花を添えてくれたのが旅でした。

スポンサーリンク




つまらない生活を送っているならとりあえず旅に出ると良いよ

大学生のうちにさまざまなところへ訪れておくべきだと思いますね。

こういうことを書くと旅行したいけど金がないということを思われる人もいるでしょう。

しかし、社会人になれば多くの人がお金はあるけど旅行する暇がないという状態に陥ります。

時間のある大学生のうちに旅はしておくべきです。

私の場合は地方に旅行するとき、まともにホテルで宿泊したことはかなり少ないです。

たいてい漫画喫茶をフル活用していました。

パック料金で安く泊まれますし、地方の漫画喫茶はそういった需要を見越してかシャワールームがあったり洗濯機が置いてあったりと設備が充実していることが結構ありました。

そして、漫画喫茶のパソコンを使ってその地方の情報収集が出来るのが大きかったです。

今でこそみんなスマホを持って気軽にインターネットが出来る時代ですが、当時はガラケーの小さい画面でなおかつ低速でネットするか、それ以外だとパソコンでネットをするしか方法がありませんでした。

私が大学生やってた頃ですら結構漫画喫茶の設備は充実していたので、今だとより快適に宿泊できるのではないでしょうか。

話が漫画喫茶のほうへいってしまいましたが、金がなくても時間が豊富にある大学生のうちならそれなりに旅ができるものなのです。

そして、その効果は計り知れないものがあります。知らないうちに自分の中で確立していた常識が簡単に崩れますし、きれいな景色をいろいろ見ると日本って本当に美しい国だなと純粋に思えますよ。

大学生なら学割も使えますしね。学生証では割引できませんよ。

正確には学校学生生徒旅客運賃割引証といい、100キロを超える距離を移動する際にJRの運賃が2割引きになるお得な制度です。これ結構知らない学生いるんですよねえ。

参考記事:学生さん必見!学割を使って格安にJRに乗る方法教えます。

ちなみに往復割引1割引きと合わせることもでき、運賃が3割引きと割引率がかなり大きくなります。

大学生のうちに使っておかないと損ですよ。年間10枚まで発行が出来ます。学生部にて発行してもらうことが出来るので、気になる方はとりあえず学生部に問い合わせてみましょう。

期待に胸をふくらませて大学に入ったのに毎日つまらないなと感じているなら、学割証を発行してもらって旅に出てみてはどうでしょうか。マンネリ化した日常に変化を与えられますし旅するためにお金をいつまでに貯めようとか目標が出来て日常生活にハリが出てきますよ。

スポンサーリンク