公共の場でパソコン開いて仕事している人はセキュリティにうとい

Pocket

最近、ノートパソコンが低価格化かつコンパクトになったので街中のおシャンティなカフェや電車の中などでパソコンを開いて仕事している光景が見られます。

私はそういった人たちをなんかイタいなと思って見ています。

なぜならセキュリティの問題にうといことがバレバレだからです。

スポンサーリンク




誰に見られているか分からないということが分からない

bar-984527_640

なぜセキュリティに疎いことがバレバレなのか、理由は簡単です。

誰が見ているか分からないことに気づいていないからです。

正直なところ、パソコンを公衆の面前で広げて仕事していて知らないうちに後ろから見られるということを考えないのかと思うのです。

パソコンで仕事するうえで個人情報であったり会社の内部情報を扱うこともあるでしょうし、自分固有のIDやパスワードを入力することだってあります。

それを不特定多数のいる公衆の場でやることが信じられません。

一昔前にはガラケーの画面を正面以外から見えなくするカバーがありましたが、パソコンにはそれがありません。どこからでも見放題なわけです。

セキュリティに疎いと言われても仕方のないことです。

スタバなどのおシャンティなカフェでパソコン開いて仕事しているオレかっこいいなんて仕事しながら悦に入っているんでしょうが、はたから見たらセキュリティに気を遣えないただのアホです。

しかし、こういった光景はどこでも見られます。

誰が見ているのか分からないのに、公衆の面前でパソコンを開いて仕事している人がこれだけ多くいるのに一方で個人情報やプライバシーはちゃんと守っていますなどと大企業が宣伝したところで誰が信用できるでしょうか。

実際に大企業が個人情報は万単位で漏らしまくってますよね。もはや個人情報保護法なんて全く機能していません。

これがまたメディアリテラシーが備わっているであろうような人がやっているから、それをマネする輩が出てくるのです。

思考停止とは誠に恐ろしいものですね。

ちょっと考えたら公衆の面前でパソコン開いて仕事するリスクなど簡単にわかるのに、思考停止しているからそれにも気づかずにできるオレかっこいいみたくなっているのです。

もっともそういった不特定多数の人間がいるところでパソコン開いて仕事しているのをかっこいいと考える人がいるからそうなるんですけどね。

そういうわけで不特定多数の人がいるところパソコン開いて仕事なんかするなという話でした。いつまでも思考停止してないで皆さんもうちょっと考えて行動しましょうね。

スポンサーリンク