就活で消耗している学生へ。就職浪人をしてはいけないたった一つの理由

Pocket

Yahoo!知恵袋をだらだら見ていたらこんな質問がありました。

参考記事:就職留年ってありですか?

実は私は4回生の時の就職活動がうまくいかなくて、1年留年して就職活動をした経験があります。

その観点から言わせてもらえば、就職浪人は絶対にやめたほうがいいと言えます。

もし、今現在就職活動がうまくいっていなくて就職浪人を考えている学生さんはすぐに考えを改めましょう。

スポンサーリンク




企業は順調に進んでいる人を好む

就職浪人をすべきでない理由は、企業というものが順調に人生を歩んでいる人を欲しがるということです。

逆に言えば、途中でブランクであったり留年をはさんでいる学生は理由が何であれ敬遠されるのです。

そもそもなぜ企業は新卒学生を欲しがるのかを考えないといけません。

単純に人材が不足しているのであれば教育コストのかかる学生よりも即戦力となる社会人を取るはずです。

学生の皆さんが思っている以上に新卒学生に対する教育コストというのはかかるのです。

採用活動からして長期にわたりますし、その時点で手間とコストがものすごくかかります。

それは入社後も同じです。

なんせ仕事のやり方以前に社会人としての基礎教育からスタートしなければいけませんから。

挨拶や名刺の渡し方、ホウレンソウなどなどやるべきことはいっぱいです。

お金ももちろんかかります。

よく一度就職したら3年は頑張れというのは、企業側からすれば入社後3年は働いてもらわないと採用コストと教育コストを回収できないからなのです。

ではなぜ企業はそこまで手間とコストをかけて新卒学生を採用するのか。

それは自分たちの都合のいいように人材育成したいからなのです。

実際に就職してみればわかりますが、働いていく上で一番最初に就職した企業の影響というのは計り知れないものがあります。いわば自分の基準になるんですよね。

転職を何回もやって職場を転々としても一番最初に就職した企業が基準となります。

つまり洗脳しやすいのです。

社会の事を何も知らないで入社してくるので、これが日本社会では当たり前だよと洗脳しやすいからこそ企業はこぞって新卒学生を採用するのです。

その上で邪魔になってくるのが先ほど挙げたブランクや留年なのです。

中途採用でもそうですが日本企業はブランクや留年と言ったいわゆる空白期間をとにかく嫌います。

人生80年と言われる現代でさえ、空白期間の限界は2年と言われているくらいです。

なぜ空白期間を嫌がるのか、それは日本企業が空白期間のある応募者に対してポジティブなイメージを持てない、そして扱いに困りそうだからです。

病気になっていた、就職活動したけど内定が取れなかったから結果として空白期間が出来た、就活したけど内定取れなかったから資格の勉強に時間を割いたなどなど。

想定されるのはどれもネガティブな理由ですよね。

冒頭に挙げた就職活動がうまくいかないから就職浪人だって、もろにネガティブですよね。

企業は当然突っ込んできますよ、なんで1年多く大学生やってんの?って。

大学生が留年する理由なんて、就活がうまくいかなかったか単純に卒業単位が足りなかったかのどちらかです。

どちらも極めてネガティブな理由ですよね。

そんな学生を採用したいと思うでしょうか。

企業は理不尽なもので、なんでよそが採用しない学生をうちが採用しなきゃダメなのかと考えるのです。

企業というのは学校ではないという理由がここにあります。学校なら上記のような理由で入学を拒否できませんからね。

そりゃあブランクや留年歴のある学生よりもそれらのない学生を欲しがるのは当然でしょう。

企業の都合のいいように洗脳していく上で余計なブランクや経歴を持つ人間は邪魔なのです。

となると今現在就活がうまくいかないからと言って、留年して優良企業に行けるなんてゆめゆめ考えてはいけないのです。むしろ大失敗まっしぐらです。

留年歴なんて一生消えませんからいくら転職しても留年した理由を聞かれますしね。

そういうわけで就活がうまくいかないからと言って就職浪人なんていうルートは絶対に選択してはいけません。

就職浪人したせいで超絶ブラック企業に行ってしまった私からのアドバイスでした。

少しでも良い企業に就職するには知識武装が大事です。もし就活がうまくいかないと悩んでいるなら以下の本を読んで知識武装しましょう。

スポンサーリンク