スポンサーリンク

いつまで年賀状出してるの?年賀状は無駄の塊です。

Pocket

毎年、年賀状がますます形骸化していますね。

もうこれだけスマホがほとんどの人に行きわたってるので、正月の挨拶に年賀状なんて書かずにメールすらも古くて、LINEで気軽にメッセージを送っている人は数多いでしょう。

そりゃそうですよね。別に無理もありません。

正直、このご時世に年賀状を出す意味は全くないですそれどころか無駄以外の何物でもありません。

一人にメッセージを送るのに1枚52円も支払って、買ってきた年賀はがきにパソコン使って宛名からイラスト、正月の挨拶文まで大量印刷して送るわけですよ。

手書きのメッセージの一つも書いていればいいですが、これといって思い入れのない人に対する年賀状にはそれもないですよね。

そんで受け取った方はぱらぱらと正月に見て、あとは捨てるわけにもいかずただ保管するっていう。

2015年にもなっていつまでこんな無駄な習慣を続けているんだと思いますね。

お金の無駄、プリンタインクの無駄、クソ寒い中郵便局に出向く手間の無駄、届いた年賀状の保管の無駄、そして何より紙の無駄。

今ざっと挙げただけで5つも無駄があります。

年賀状って正月の挨拶状っていうよりただの生存確認ツールに成り下がってますよ。「ああこの人は今年もちゃんと生きているなよかったよかった」みたいな。

大体、年賀状の販売枚数が減っているのは手紙を書く習慣がなくなったからだとか知ったようなことをいう知識人もいますが、単に人とつながりあえる無料のツールが発達したからというだけの話です。

昔はそりゃ何かしら人にメッセージを送るとなれば電話かはがきしかなかったわけですよ。

そんで正月からいきなり電話するのもあれなんで、わざわざ年賀状を買ってきてそれを送ることで正月を無事迎えられたことの挨拶をしていたわけです。

しかも昔は年賀状を印刷するツールもなかったのですべて手書きだったわけです。若い子は知らないでしょうが、年賀状を印刷するようになったのってここ20年くらいですよ。

私が小学校に入学するくらいにプリントゴッコというツールが出てきてそれから急速に年賀状を手書きでせずに印刷するようになったのです。まあプリントゴッコは厳密には印刷ではありませんが・・・。

それだけ手間がかかっていることがわかっているので年賀状をもらった方もじっくりと読むことができたのです。

今どうですか?メールだけじゃなくてLINEをはじめとしたSNSは桁違いに発達しました。

他人にメッセージを送るのなんて限りなく無料でできるわけです。しかもすぐにメッセージが届きます。

そんな時代になんで一人にメッセージを送るのに52円も払って、なおかつタイムラグのあるはがきを使って「あけましておめでとう」メッセージを送らねばならんのでしょう。

ましてや昔のような手書き文字が全くない、両面プリントアウトしたはがきを貰って何が嬉しいのですか。形の残る年賀状のほうがもらってうれしい?ありふれたテンプレートで大量印刷されたはがきでも?バカも休み休み言え、ホントに。

今年も人気アイドルや有名タレントを使ってあの手この手で日本郵便は年賀はがきを売ろうとしてますけど、そんなイメージ戦略だけで先ほど挙げた無駄5つはとても越えられませんよ。

こないだテレビで見た年賀はがきのCMなんて噴飯ものでしたね。

年賀状の宛名作るの面倒くさいと愚痴るタレントに対して郵便局の職員が宛名印刷まで郵便局がやるというサービスを紹介しているやつです。

宛名印刷することすら面倒ならもう年賀状なんて買うなよ!そもそも宛名も裏面も全部郵便局が代行したらそれは郵便局からの年賀状だろ?とテレビに突っ込んだ人は私だけではないはずです。

もはや郵便局も年賀状を売るために、年賀状の本来の目的をすっかり忘れて手段を選ばなくなっています。

年賀状に関しては郵便局職員の自爆営業も問題になって久しいですね。

ノルマ1万枚で売れなかったら正月元旦から年賀状の売り子をやり、それでも売れなかったら金券ショップに流して差額は自腹って、ほんと年賀状販売って誰が得してるのかと思ってしまいますね。

売る方も買う方も無駄ばかりの年賀状なんてさっさとやめてしまいましょうよ。手紙を書く文化が廃れるなんて言いますけど、手紙を書く以外に人にメッセージや挨拶を伝える手段がたくさんある時代なんですからそんなもの何の言い訳にもなりません。

今の時代、ムダなものやおかしなものと分かっているならさっさとやめるべき時代なのです。