さっさとお金の勉強しましょう。

Pocket

私はファイナンシャルプランナー資格を持っていることもあって、そこら辺の人に比べればお金の知識はあります。だからと言って金持ちってわけでもないですがwww。

といっても最初からお金の知識があったわけでもなく、それこそお金に関する入門書みたいなところからスタートしました。

そこから、知識を広げていき最終的にはファイナンシャルプランナー資格を取るくらいにまでなりました。

そこまで勉強して思ったのは日本人がいかにお金に関する知識が欠けているかということでした。

スポンサーリンク




お金を増やす方法が人に雇われて働く以外ないと思っている時点で終わってる。

私は現在会社員ではありません。

個人事業主として開業しています。

私にとってこれほどベストな選択はないにもかかわらず、世間の私に対する「大学まで出て正社員ではないのね残念な人ね」という偏見がすごいです。

どっかのブログで書いてましたけどこの国の「正社員信仰」はすさまじいものがありますね。

日本で一番信仰者の多い宗教ですね。そんで正社員じゃない人を弾圧しているのです。

だから新卒の就職活動がうまくいかないくらいで電車に飛び込む学生が出てくるのです。

これだけ人を死なせるまで働かせるブラック企業の存在が珍しくなくなり、非正規雇用者が全雇用の半分にせまろうかというくらいまで増加している時代に正社員が最高!正社員じゃなきゃ人生終わり!という信仰はまさに身を滅ぼします。

なぜこうなるのかというと、日本人は他人が作った会社に正社員として就職してお給料をもらう以外のお金の稼ぎ方、増やし方を知らな過ぎるのです。

あったとしてせいぜい年利1%以下の銀行の定期預金にお金を預けるくらいでしょう。

そのくせ雀の涙程度のポイントを貯めるために老いも若きもクレジットカードという名の借金システムで買い物をします。リボ払いなんてまさにクソシステムですよ。いくらお金を使っているかという感覚を麻痺させるためのね。

それにクレジットカードで買い物するとどこで何を買ったとか、どういう行動をしているかとかマイナンバーもびっくりなくらい個人情報が洩れまくっているんですよ。その情報を使ってさらにお金を使わせようとあの手この手で手段を講じてくるのです。まさに囲い込み!

複利の恐ろしさも知らないでテレビでCMするようなカードローンや消費者金融に手を出す人間が後を絶ちません。

マイホームの次に高い買い物である保険すらこれといった知識もなく、なんとなくで選んでいます。そんで毎月高い保険料を支払っていざというときに使い物にならない保険を後生大事に持ち続けているのです。

小学生から必要性の全くない高額なスマートフォンを分割ローンで購入して、毎月高額の通信費を支払って所構わずLINEや課金ゲームに興じているわけです。

日本人はお金音痴といっても過言ではないですね。

ちょっとお金の勉強をするだけで簡単にその他大勢から抜け出せるよ

この見出しの通り、ほんの少しお金の勉強をするだけで自分や世の中がいかにお金に対する知識がないか、おかしなお金の使い方をしているのかがくっきりと見えてきます。

世の中を見る目が180度変わりますから、お金の勉強はホントにおススメです。使うかどうかわからない英語の勉強に時間とお金を費やすくらいなら、まずお金の勉強に時間とお金を使ってください。

私のようにファイナンシャルプランナー資格を取ってもいいのですが、別にそこまでしなくても街の本屋さんで売られている小学生でも読めるようなお金の入門書で最初は十分です。

そこで基礎知識をつけてさらに興味がわいたらまた一つ上のレベルの本を読めばいいです。

この記事を読んでいっちょお金の勉強してみるかと思った方は以下の本から入るのをおススメします。小学生でもわかるレベルで書かれています。

いきなりファイナンシャルプランナー資格を取りたい方には私も使った以下の参考書がいいです。分かりやすくて見やすいテキストです。

スポンサーリンク