貸したお金を返してくれない?返ってくる方が奇跡です。

Pocket

友人や知人にお金を貸したけど返してくれないという悩みは結構ありますよね。

自分の周りでも聞いたことがありますし、ネット上にもそういった書き込みがあふれています。

これに対して借りたものはちゃんと返さないといけないのが常識だから、ちゃんとお金を返すように催促するとか、そもそも貸したお金は戻ってこないのが普通だからあげるつもりでお金を貸すべきだといった意見が目立ちます。

私は他人にお金を貸すべきではないし、貸した時点でその人との人間関係は終了するものだと考えています。

スポンサーリンク




お金がないから他人から借りているという当たり前の視点が抜けている

そもそも、友人であれ知人であれ他人からお金を借りようとする時点でその人は尋常ではないくらいお金に困っているわけです。

人間多少お金が無くなってきても、簡単に他人にお金を借りたり援助を求めたりしないものです。

他人、それも以前から付き合いのある人にお金を借りるということは単純に今お金がないことを世間に知らしめる行為です。

普通だったらまずクレジットカードや消費者金融からお金を借りるでしょうしね。

お金がないことを友人・知人に知られてもなお、お金を借りたり援助を求めざるを得ない状況にまでなっているわけですよ。

そんな人にお金を貸してちゃんと返ってくると期待する方ががむしろおかしいのです。

極端な話、お金を友人・知人に貸す方が悪いのです。

にも拘らず、友人・知人に貸したお金が返ってこないことで怒る人、悩む人のまあ多いこと。

友人・知人にお金を借りたり援助を求める時点で、礼儀とか常識とかそういうことは言ってられないくらい追い込まれているのです。

そんな人に一般的な常識論など通用しません。

そういったお金に窮して生活にも困る状態に陥った人を助けるのは友人・知人ではなく本来は行政なのです。

お金を無心されたら切り捨ててもいい人間だと思われている証拠

お金を貸してくれという頼まれる時点で、あなたはその人から切り捨ててもいい人間だと思われています。

お金を貸す側からしてみたら付き合いのある友人・知人が困っているので助けたい一心でお金を貸すのでしょう。

そしてお金を借りる側はうわべでは感謝しますが、内心ではしめしめと思っています。だから借りたお金をまともに返さないのです。

本当に感謝しているならお金を返す返さないなんてトラブルにならないです。

友人・知人に貸したお金が返ってこないと悩んでいる人はお金もその貸した人も両方捨てましょう。その方が精神の健康を保てますよ。

そんでお金を無心されるような人間関係であったことを反省しましょう。

人間関係をお金に換えだしたらもう一巻の終わりなんですよ。