山陽新幹線500系がエヴァとコラボ!最も注目すべき車両です。

スポンサーリンク
Pocket

久しぶりに鉄道ネタを一つ。

Yahoo!ニュースを見ていたら面白そうなニュースを発見しました。

「エヴァ新幹線」発進! 車内で使徒と対決 チャイムはあの主題歌 JR西日本

500 TYPE EVA PROJECT

今年で山陽新幹線が開業40周年を迎えるため、インパクトのある事を実現しようとこちらもテレビ放送開始20周年を迎えるエヴァ側にJR西日本から打診したそうです。なかなかやりますねえ。

500系のシャープな見た目にエヴァカラーが見事に合っていて最初からこんな感じの車両だったのではと思ってしまいます。

車内は喫煙ルームや座席の枕カバーまでエヴァ仕様となっています。

それでいてエヴァンゲリオンの実物大コックピットに搭乗できるスペースもあるとか・・・。私はエヴァンゲリオンファンではないですが、どんなものか普通に乗ってみたいですね。

ちなみに山陽新幹線500系について簡単に説明すると、かつては東京まで「のぞみ」として運転していました。新幹線史上初めて営業運転で時速300キロを達成したことで有名です。

現在は新幹線の各駅停車である「こだま」として東海道新幹線には入らず新大阪から博多までの山陽新幹線の区間のみで運転されています。

このエヴァコラボ以外にも以前から500系はJRとは思えない尖ったことをしてきました。

新幹線車両がヒーローになったのは新幹線史上これだけではないでしょうか。

参考記事:山陽新幹線500系 公式キャラクター 「カンセンジャー」

車内マナーの啓発のためにマナー違反を懲らしめるキャラとして作られたのですが、500系車両がそのままヒーローになってもあまり違和感がないあたり、いかに優れたかっこいいデザインであるかがよく分かります。

こういった面白い企画は500系だからできると言っても過言ではないです。現在東海道山陽新幹線で運転している車両ってあとは700系とN700系くらいですからね。

とりあえず11月7日から「こだま730号」と「こだま741号」として営業運転されるとのことなので私は新大阪から乗りに行こうかなと思っています。エヴァンゲリオンファンではないのですけど。