ポイントカードでポイントを貯めることがお得と考えることの愚かさ

Pocket

本日はお金に関する事について集中的に書きます。

スポンサーリンク




ポイントカードでポイントを貯めることがお得と考えることの愚かさに気づけ

money-256281_640

皆さん、ポイントカードに振り回され過ぎじゃないですか。

昨今ではさまざまなポイントカードが作られています。ポイントを貯めるだけのカードもあればクレジットカードでポイントを貯める人もいるでしょう。

でも肝心のポイント還元率ってせいぜい100円で1ポイントくらいでしょう。たまに2倍とか5倍ポイントキャンペーンなんてやってますけど、それでも1円が2円、5円になるだけの話ですしねえ。

1000円とか10000円分貯めるのに一体どれだけの時間と手間がかかるんですか。

私はクレジットカードの類を一切持っていないのですが、こないだ某サイトで私の毎月の支払いをクレジットカードに一括した場合どれくらいポイントが貯まるのか簡単に調べられるというので実際にやってみました。

結果、1年間で6000円程度のポイントが貯まることが分かりました。

私の毎月の様々な支払をすべて一枚のクレジットカードに集約しても年間6000円しかポイントを貯めることができないのです。

いや、年間で6000円節約する方が楽じゃない?って思うのです。一か月でたった500円節約するだけですし。

大体、年間6000円って一か月のスマホ通信料にもならないんじゃないですか。

一年間でたった6000円作り出すために、どれだけのお金と時間と手間を費やしていることか考えるべきでしょう。

ポイントを貯めるためにわざわざ買物する日にちや場所を限定したり、ポイントカードを持ち歩いたりちょっと考えたらあほらしくなってくるはずです。

ポイントカードを発行する側からしてみればわずか数円程度のポイント欲しさにわざわざ移動コストも考えずに客がやってくるんですから、そりゃどこの店もポイントカード作りますよね。

クレジットカードに至っては誰が、どこで、何を、いくらで購入したのかという個人情報まで手に入りますからね。買物一回当たりわずか数円程度のポイントで個人情報を売っているようなものです。

マイナンバー以前に、わずか数ポイント欲しさにポイントカードやクレジットカードを使うことですでに自ら個人情報を提供しているし、自分の知らないところで個人情報がやりとりされているのです。

ポイントをしこしこと貯めることは決してお得ではないし、むしろやっすい金額で個人情報を売っているだけなのだということにさっさと気づきましょう。

スポンサーリンク