家賃とローン返済額が同じだから家買った方が得?何を言っているんでしょうか。

スポンサーリンク





house-insurance-419058_640

昨日、イケダハヤトさんのこの記事を読んで思うところがありました。

「35年ローンを背負う」ことの精神的影響を侮ってはいけない

相談者さんは毎月の家賃と家を購入したときのローン返済額が同じだからと、35年ローンを組んで家を買うことにしたそうです。

それに対して、イケダさんは35年もローンを組むことでビジネスパーソンとしての動き方に影響が出るから、ビジネスパーソンとしては大成しないだろうということをおっしゃっています。まあ、詳しくは記事読んでください。

私はこの相談に対してはファイナンシャルプランナーの資格を持っていますので、別の観点から意見を述べたいと思います。

スポンサーリンク

家を買うことによる負担はローン返済だけではない

それは、家を借りるのと家を買うのとではかかるお金がかなり違うということです。家を買えば今までになかった負担が新たに増えるのです。

この相談者さんは、家を借りて毎月家賃を掛け捨てのように払い続けるよりも同じ金額でローンを組めば家が自分の所有物になるしそっちの方がお得だと考えたのでしょう。

確かに家賃を毎月掛け捨てのように払い続けるくらいなら、いっそ同じ金額で家を購入した方がお得に見えるのはまあ無理がないことかもしれません。

しかし、家を購入することによって発生する支出は、ローン返済だけではありません。

まず、固定資産税が発生しますね。

固定資産税とは毎年1月1日時点で土地や家屋を所有している人に対して市町村が課す税金です。

これは家を所有し続けている限り永久に発生します。

つまり、家のローン返済が終了したからと言って金銭負担もなく、住み続けることができるわけではないのです。

ちなみに固定資産税の税率は、固定資産評価額に対して全国一律1.4%となっています。

ざっくり言うと1000万円と評価されたマンションの部屋を購入したとすると、毎年14万円固定資産税がかかってくるということです。

結構な負担ですよね。まあ、固定資産税は軽減特例もあるので一概に負担が大きいとは言えませんが、それでも結構な維持費となります。

もし、固定資産税が払えなくなったらどうなるのでしょうか?

例えローンが完済していたとしても家を差し押さえられる可能性がありますね。

つまりローン返済が終了したからといって完全に維持費ゼロで家が自分のモノになるわけではないし、もし固定資産税を滞納すれば差し押さえられちゃうことだってあります。

家を購入することによる負担は固定資産税だけではありません。

どんなにきれいな家を買っても10年20年経てばどこか修繕が必要になってきます。その費用も購入した人が負担しないといけません。

賃貸だとその費用は家主が負担してくれますがね。

そもそもせっかく購入しても、子供が家を出て家がいらなくなったらどうするんでしょうね。

不動産って遺産として残るとお金に換えにくくて結構厄介なんですよ。

不動産ってそれぞれに特色があるので、なかなか買い手が見つからなかったりするんです。

あとは震災ですね。南海トラフ大地震が今後30年以内に来ると言われているのです。

せっかく買った家がつぶれて、ローンだけ残るなんてことは普通にありますからね。

家を購入することによる負担やリスクはこんなにあるのです。

家賃とローン返済額が同じだからと家を気軽に買ってはいけません。

これらのリスクや負担をしっかり考えた上で家は買いましょう。まあ、ほとんどの人がこれらのことを知れば日本で家を買うなんてことはためらうでしょうけどね。

スポンサーリンク
格安スマホの相談に乗ります。