ワークポートは評判通りなのか、実際に行って好印象を抱いた2つの理由

Pocket

job-interview-437026_640

ブログで転職支援会社として紹介するからには、実際に行ってどんなものか体験してみようと思い、先日ワークポートの面談に行ってきました。

結論として、行って良かったです。ホント利用する価値ありますよ、ここ。

今までに利用した転職エージェントの中では最高ランクですね。そう感じた理由を2つに分けて紹介します。

スポンサーリンク




話し方、接し方がかなり丁寧。さすがコンシェルジュと名乗るだけある

私が一つ目に良いと感じたのは、応対がこちらの立場に立っていて非常に丁寧であるということです。

私は以前転職活動時に数社、こういった転職エージェントを利用したことがあります。

しかし、どこもうわべは丁寧なのですがどこか「仕事をお前に紹介してやる」といった上から目線を感じていました。実際相手もそう思っていたと思います。

私は大学卒業以降3社転職しています。1社当たりの在職年数は1年足らずです。

転職活動によるブランクもあります。

はっきり言って転職市場ではかなり不利な立場です。

それもあって初対面なのにあなたの職歴は一貫性がないとか、転職回数が多いとか頼んでもないのにお説教をかましてくる転職エージェントすらいましたからねwww。ホントあれは意味が分からないです。仕事の紹介を頼んでいるだけでお説教なんて頼んでませんし。

自分でもその不利な点を十分理解した上で転職エージェントに相談に行っているのに、そこで今更どうにもならんことでお説教を食らうという、何とも不快な対応をされたことは数知れません。

転職エージェントをいくつか利用したことあるので言えるのですが、転職エージェント側から面談に来るよう呼んでおきながらお茶一つ出さない会社って結構あるんですよ。人の話もあからさまに興味なさそうな様子を示したりする会社も珍しくないです。

それに比べ、ワークポートの面談は女性の方に対応していただき、来客としてちゃんと水を出してくれました。

面談を一対一でやってくれたのも良かったですね。今までだと私一人に対して2人で面談っていうのがよくあったのですが、結構圧力があるんですよねえ。話し合いはやっぱり一対一に限ります。

面談では、まずしっかりと今までの職歴について私の話に同意しつつ聞いてくれました。退職理由についても「それは仕方ないですね」と同意してもらえましたし。

さらに今後企業面接時にどうやって退職理由を説明するかも教えてもらえました。

面談の事前確認の電話は早口で且つそっけない感じだったので、ここは大丈夫だろうかと少し不安になっていたのですが、ネット上の評判通りまた宣伝通りホテルのコンシェルジュのような丁寧な対応をしていただきました。ありがとうございます。

希望通りの求人を出してくれる、ごり押ししない

そして2つめに良いと感じた点は、きちんと私が示した希望条件に沿った企業を紹介してくれたところですね。

私は今まで営業職や接客をしてきたのですが、正直向いてないなと感じていたので簿記2級を活かして経理やその他の仕事を希望条件として提示しました。

むろん、資格はあっても未経験なので不利であることは十分承知なうえで頼みました。

これに対して無理と突っぱねずに「とにかく探してみます」と未経験でもチャレンジできそうな経理やその他職種を紹介してくれました。

私自身、未経験からチャレンジできる仕事なんてないだろうなと思っていたので予想外であったと同時に、やっぱり転職エージェントは利用すべきだなと痛感しました。

以前に別の転職エージェントで同じ希望条件を出した時は、業務未経験であることで希望を聞いてもらえませんでした。

その上、最低でも営業職以外の仕事をしたいと明確に伝えたのに明らかにブラック企業臭のする営業職を一つだけ持ってきて、これしか紹介できないからここ受けてくださいとゴリ押ししようとしてきたのでキレて帰ったことがあります。

ワークポートはきちんと希望に沿った求人だけ紹介してくれて、その上エージェント側が紹介したい企業をゴリ押ししてくることがなかったのでそこに好印象を抱きました。

正直なところ自分の希望条件に合う仕事などないだろうと思っていて、今回の面談は若干冷やかし半分で面談に臨んだところがありました。紹介してくれた会社にその場で応募するつもりはありませんでした。

しかし、希望条件に沿った会社を数社紹介してくれた上、良さげな会社があったのでいくつかその場で応募を決めてしまいました。

丁寧な対応と、あくまでこちらの希望に沿ってくれる優しさが際立つ良い転職エージェントです。

最近では、自分でリクナビやマイナビなど転職情報サイトで求人を探すスタイルから転職エージェントから仕事を紹介してもらうという仕事探しの方法が一般化してきました。

実際、採用を考えている企業と応募者の間に入ってくれるというだけでもかなり応募者からすれば心強いです。

しかし、転職エージェントが乱立するようになって質の悪い転職エージェントに引っかかって私のように不快な思いをしたことがある人は少なくないはずです。過去のダメ出しを言いたい放題言われてブラック企業紹介されて、それが気に入らなければハイおしまいみたいな。

そんな人にこそワークポートをおススメしたいですね。ダメもとで一度面談に申し込んでみて下さい。

それまでの転職エージェントに対する悪印象が払しょくされること間違いなしです。

スポンサーリンク