スポンサーリンク

クラウドソーシングは副業にならない、ただの搾取システムだと考える3つの理由

Pocket

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-PAK58_MBAkatakata-thumb-1000xauto-15616

インターネットを使っての副業で最初に手を付けるのがランサーズやクラウドワークスといったいわゆるクラウドソーシングサービスですね。

イケダハヤトさんなど著名なブロガーが月2~3万円くらいなら気軽に稼げると宣伝していますし、最近は知名度も上がってきて副業としてチャレンジされる方も多いと思います。

私も以前このブログで宣伝したこともあって、実際に副業としてお金を稼ぐことが出来るのかやってみました。

しかし、実際に私がこれらをやってみて思ったのは月2~3万稼ぐどころか、かなりの時間を費やしても月に数千円稼ぐのがやっとだということです。

つまり副業にまるでならないということです。

それどころか地雷クライアントだらけな上、クラウドソーシングサイトからの天引きも多額なので究極の搾取システムであるという結論に達しました。

そう考えた理由について3つに分けて解説していきます。

スポンサーリンク

案件に対する報酬が安すぎる

まず、一つ一つの案件に対する報酬が安すぎるのです。

クラウドソーシングサイトではホームページの作成やライティングなど多種多様な仕事があります。

ホームページ作成やロゴデザイン等は一案件あたりの報酬額は高額なのですが、ほとんどが実務経験を求められるものなので、ちょっと独学で勉強した程度ではまずやらせてもらえません。こうした案件に手を付けるには、以前に会社でやっていたというレベルまで必要になってきます。

よって、ほとんどの人は比較的敷居の低いライティングであったり、文字打ち込み等の単純作業をメインにこなしていくことになります。

しかしこれらの案件、報酬が安すぎます。

文字打ち込みの仕事なんて何時間も使って作業しても数十円どころか、へたしたら数円ていうレベルはざらにありますし、ライティングに至っては一文字0.2円の案件がゴロゴロしています。

一文字1円もありません。

私はライティングを主にやっていましたが、時間と労力が湯水のごとくかかるわりに報酬は数百円程度です。

まともに文章を書いたことのない人にとっては1000文字や2000文字の文章を作ることはそれこそ半日かかったりするものですが、それで数百円なんてやってられません。

とてもではないですが、会社勤めの傍らの空いた時間の副業として出来るものではないです。

安い報酬なのにクライアントの要求が高すぎる

そして、案件に見合わない報酬に加えてクライアントの要求が高すぎます。

ライティングなんて特にそうです。

一般人からしてみれば1000文字や2000文字の文章を書くのですら一苦労なわけです。

ブログを開設して半年の私ですら結構時間がかかります。

しかし、そうやって苦労してもクライアントの求めているものと違えば修正が求められることは珍しくありません。つまり書き直しです。

クライアントからしてみれば金払って依頼してんだから、それなりのものを用意してもらわないとなと思っているのでしょう。

しかし、こちらからしてみれば一案件数百円程度の報酬でごちゃごちゃ言うんじゃねえよということです。大の大人が数百円の報酬でまともに仕事をすると考えているあたりがふざけています。

自分の望む良い仕事をしてもらいたければ、一案件数千円くらいは払えよと思いましたね。文句あるなら自分で文章書けよと。何なら報酬支払いを遅らせるためにいちゃもんをつけてくることすらありますからね。とにかく地雷クライアントが多い。

大体ライティングの依頼内容だって、ほとんどがいわゆるアフィリエイト用の文章です。

つまり、ダイエット食品などの宣伝文を書かせてそれをホームページやブログで乗せて商品が売れればお金が入ってくるってやつです。

文章を作成する側は数百円の報酬を得るだけで終わりですが、クライアント側はその文章を使って商品を売ることで継続してお金を儲けることが出来るのです。

だったらなおさら自分で文章書けよと思いませんか?つまり一時期問題になったステルスマーケティングの片棒を担ぐわけです。だって使ったこともない商品のレビューや宣伝を書くわけですから。

ただでさえ安い報酬からさらに天引きされる

最後はこれです。

ライティングやタスク作業で苦労して何とか安い報酬を得ても、一案件ごとにクラウドソーシングサイト側から手数料が取られます。

わずか数百円の報酬に対しても一定の手数料がかかるのです。

クラウドソーシングサイトを利用することに対する手数料は、なぜか仕事を請け負った側が負担することになっているのです。

その手数料はランサーズで20%です。

ただでさえ安い報酬からさらに20%天引きされるわけです。それも一案件ごとに。

ここからさらに税金も引かれますし、おまけに自分の口座に振り込まれる際の振込手数料もとられます。楽天銀行なら100円の振込手数料で済みますが、それ以外の銀行振込の場合はなんと500円も取られます。ほぼ一案件の報酬額と同じです。

もうやってられませんね。

さらに、ランサーズもクラウドワークスも月2回の報酬支払の締切があるのですが、締切日に報酬額が1000円以上出ないと報酬は支払われないのです。

実際にやってみて思ったのですが、一苦労して数案件こなしてもなかなか報酬額が1000円いかないです。つまり報酬がなかなか支払われないのです。

まとめ:クラウドソーシングは副業として最低であるから手を出すな

ここまでクラウドソーシングが副業としてはまるで成立しない究極の搾取システムであることを解説してきました。

これらは私が実際にランサーズで仕事をしてみて経験したことです。

最近では副業に手を出す方が増えていますが、私が言いたいことはクラウドソーシングサイトでの副業はやめておけということですね。ホント時間と労力の無駄です。

インターネット上でお金を稼ぐ方法は別にクラウドソーシングだけではありません。

以前よりも稼ぎにくくなったと言われる転売ですら、まだまだ稼ぐ場は探せばあります。

BASEで気軽にネットショップを作って、自分の作った商品やサービスを売ることだってできますし、ココナラだと自分のスキルや知識を500円から売ることもできます。

文章を書くことでお金を稼ぎたいならクラウドソーシングではなく、自分でブログやサイトを運営してアフィリエイト収入を稼ぐ道を取りましょう。

まだまだ、ネット副業は歴史が浅いのでどうしても副業したい人は視野を広げて探すべきですね。儲け話はそう簡単に見つからないからおいしいのです。