何でも人に聞けばいいっていう風潮が嫌いです

スポンサーリンク
Pocket

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-MMO_kokubantokyoutaku-thumb-1000xauto-13840

私は分からないことがあれば何でも人に聞けばいいという考え方が嫌いです。

スポンサーリンク

聞くのはタダだと思っている。その知識や知恵を得るのに時間やお金を湯水のごとくつぎ込んでいるのに。

分からないことがあれば知っている人に聞きましょうと言うのはおそらく誰もが言われたことがあるでしょう。

しかし、それは私は「まず自分で調べたり考えてもわからないことがあれば人に聞きましょう」と解釈しています。実際のところそうでしょう。

しかし、ろくに調べたり考えたりもしないで人に聞く人間が多すぎるのです。

これだけパソコンやスマホが普及して分からないことがあればすぐにタダで調べられる時代にそれはないだろと思うわけです。

なぜこんなことを書くかというと、ネット上ではろくに調べもせず、考えもせずに人に聞いているパターンを目にすることが多々あるからです。

最近ではインターネット副業であったりアフィリエイトをしようとする人が増えています。

そして、ネット上ではそういった副業に成功した人のブログやサイトがあふれかえっています。ホントかウソかはわかりませんが。

私もお金を稼げるだけ稼ぎたいと考えている人間ですが、それでも本当に参考になる情報というのはお金や時間を費やさないと得ることはできないと確信していますし、実際にそうなっています。

常識的に考えてお金が儲かる方法をまともに人に教える人なんて皆無であるにも拘らず、ネット上で副業に成功している人に対してブログコメント欄で直球で聞いている人間が多すぎます。それも楽に稼げる方法をね。

毎月5万円でいいのでネット副業でお金を稼ぐ方法を教えてくださいなんてもろ直球で書いてたりしますからね。よく恥ずかしげもなくそんなこと書き込めるなと思います。不特定多数が見るページでですよ。

それに対して皆さん優しいので丁寧に返信しておられるのですが、私はそれを見てろくに考えもせず調べもせず、タダで有益な情報を得ようとする浅ましさに腹が立ってくるのです。

あなたは人に聞くだけでタダで有益な情報を得ようとしていますが、その今聞こうとしている人からしてみればその知識や知恵、経験はお金や時間を湯水のごとく費やして得たものなわけです。

なんでそれをタダで得られると思うのでしょう。

私は簿記の資格やファイナンシャルプランナーの資格を持っています。

つい最近までは社会保険労務士の勉強もしていましたので、いわゆる日常の「お金」に関する知識は人並み以上にある方だと確信しています。

しかし、私がお金や時間を湯水のごとく費やして得た知識や知恵をタダで教えるはずがないじゃないですか。

日本においては、専門家にお金を支払って相談するということがいまいち定着しません。

人からモノではなく知識や知恵をもらうのはタダでいいだろうという考え方が蔓延しているからです。

つまり日本においては知識や知恵、経験に対する評価が異常に低いのです。

だから、ネット上でお金が儲かる話を当たり前のようにブログコメント欄で聞く人が出てくるのです。

ちょっとは自分で時間やお金を湯水のごとく費やして考えろ、調べろと言いたいですね。もっともそんな人間が成功することなんてありえないんですが。

もう一度言います。現代はちょっと動けば情報なんていくらでも手に入る時代です。

時代は変化しているのです。

これからは人に聞くという行為自体が愚かな行為とされるかもしれません。分からないことがあったら自分で調べろ、考えろみたいな。

結局のところ、本当の答えなんて自分で考え出すしかありませんよ。