スポンサーリンク

日本人は災害や事件をすぐに忘れすぎです。

Pocket

この事件、まだ今年の6月に起きたばかりですよ?

男が新幹線車内で焼身自殺か 2人死亡、26人重軽傷

なんで平気で新幹線の自由席に乗れるんですか?JRはいまだこの事件に対する有効な対策を出すことが出来ていないのですよ。つまりまたこういった事件を起こそうと企んでいる人間を止める方法がないということです。

しかもこのシルバーウィークは自由席乗車率いつも通り100%越え。

全く無関係の人が犠牲になったということで大変痛ましい事件でしたが、この事件が起きたときはギリギリ6月でいわゆる「閑散期」だったのでこの程度の被害で済んだともいえるのです。

新幹線自由席で乗車率100%を超えるとほぼ身動きとれませんよ?

また同じような事件が起きたらどうやって避難するんですか。通路からデッキから人がすし詰め状態で。それこそ新幹線史上最悪の事件になるでしょうね。

グリーン車や指定席はなにかあった時にパニックにならずにスムーズに避難できるように定員が計算されていますが、自由席なんていくらでも乗車率膨らみますから。

のど元過ぎれば何とやらで皆さんすでに新幹線車内焼身自殺事件を見事に忘れています。

こないだの東日本豪雨だってそうです。

昨年、あれだけ広島で豪雨が猛威をふるって甚大な被害をもたらしたというのに、1年経つか経たないかでみんなすっかり忘れ、市民も役所もみんな自然を舐めきっているんです。

もはや自然災害や事件事故を忘れずにいるということは不可能なのかもしれませんね。

これだけ自然災害の多い国に住んでいるのに、1年経つか経たないくらいですっかり忘れちゃうんですから。

平和ボケここに極まれりですね。

というかそもそも連休中に新幹線の自由席に乗るなんて愚の骨頂だって話をこのブログで以前書きましたよね。

たまの旅行や帰省に自由席を使うのは愚の骨頂である

ちょっとしたお金をけちることで実は本来一番優先すべき安全性を犠牲にしているって話です。

グリーン車がなぜ8,9,10号車にあるのか考えたことありますか?

万が一、新幹線が何らかのトラブル起こして前の車両に追突したり、あるいは追突されても大丈夫なようにですよ。

そして、新幹線の自由席はどこにありますか?1,2,3号車ですね。

もうお分かりですね。新幹線が追突事故を起こした時にどこが一番犠牲になるかが。

安全は金で買えます。安全に移動したければ移動手段においてはお金をけちらないことが今できる一番の安全対策です。