就活で志望動機を聞く必要ないでしょう

Pocket

就職活動や転職活動においての第一関門は書類選考です。

なかでも履歴書に書く志望動機に悩む人は多いのではないでしょうか。

私も志望動機を考えるのは大変苦労しました。

正直なところ、就職や転職活動において志望動機を聞く意味が分からないのです。

スポンサーリンク




その企業でないとできないことなんてそんなにあるか?

志望動機は「その企業を志望した理由」ですよね?

こう書くと大変シンプルなのですが、それゆえに悩むのです。

だって世の中の大半の企業は似たようなことしかやってませんから。

この企業でないと出来ない、体験できないなんていうことはそうそうありませんから。

世の中のすべての企業が同じ業種の他社と差別化できているかと言えばそんなことないでしょう。

中には、この企業に入社しないと自分の目的を達成できないといったこともあるでしょう。

しかし、そんな企業はごくわずかですし仮にそんな企業が見つかったとしてその企業落ちたらどうするんでしょうか。就活終了ですか?

嘘をつくこと前提で相手もそれが分かっているなら聞くな

他社と同じような事業をやっておいて、求人の応募者に対してうちの会社でないといけない理由を説明せよなんて理不尽以外の何物でもありません。

嘘でもいいから適当に志望動機を考え出せばいい?何を言っているんですか?

思ってもないことをさも本心かのように志望動機を考えて、それで採用されることを目指すんですか。つまり就職活動では相手に嘘をうまくつくかが求められているということですね。

そして、企業の採用担当者はいかにうまいこと嘘をついているかをチェックして嘘のうまい人間を採用すると。

化かし合いですよね。なんてあほらしいことでしょうか。

企業の採用担当者もその辺のこと分かってるはずなんですけどね。本心で志望動機なんて考えてきてないことくらいは。

だったら、最初から志望動機なんて聞かなくていいでしょう。

ホント、就活で志望動機を聞く意味が分かりません。

志望動機を聞くのであれば、それこそ自社以外では一切やっていない、自社に入社しないとできないことを確立してから聞くべきでしょう。

そんで、それを志望動機として答えられたらとりあえずOKみたいな感じにしたらいいのです。

最後に「本心」からの企業に対する志望動機が思いついたので書いときますね。

「お金欲しいんですけど、自分の力で一からお金稼ぐのは無理っぽいから会社勤めでお金を稼ごうと思いました。」完璧な嘘のない本心が表れた志望動機です(笑)。